• このエントリーをはてなブックマークに追加
生きるとは何か?:その1(1,656字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

生きるとは何か?:その1(1,656字)

2021-09-14 06:00
  • 3
生きるとは何か?

その答えはいくつもあるだろうが、まず筆頭に挙げたいのは、「当たり前ではない」ということだ。きわめて「希(まれ)」である。一種の奇跡と言っていい。

しかしながら、それは確率論的に奇跡という訳ではない。人間にとって、生きるということは必ずしも選択的なものではない。ある種の運命的なもので、避けられない。我々は、既に気づいたときには生きている。だから、それは誰にとっても所与のものであり、前提となっている。

それゆえ、生きるとは「当たり前」でもある。我々は、気づいたときには生きているが、そもそも生きていないと気づけないので、生きているのは当たり前と思う傾向が強い。

それでも、生きている人にとっては誰にとっても未来の話ではあるが、死ぬという運命が待っている。そうなる可能性が、避けようがなく高い。
そういう中で考えると、「生きるとは当たり前ではない」という価値観には、比較的容易に到達す
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
入会して購読

チャンネルに入会して、購読者になれば入会月以降の記事が読めます。

入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

ブログイメージ
ハックルベリーに会いに行く
更新頻度: 月-金の毎日
最終更新日:2021-09-24 07:22
チャンネル月額: ¥880 (税込)

チャンネルに入会して購読

ニコニコポイントで購入

当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

×
後半のマトリョーシカ的な矛盾展開に、少し笑ってしまいましたが
全くその通りだと感じました。
この連載も楽しみにしております。
1週間前
×
とても面白い展開で、色々なことを考えながら何度も読み返しました。シリーズの続きがすごく楽しみです。「生死について深く考えないようにするために深く考える」ための取っ掛かりとして、ハックルさんおすすめの一冊があればぜひ教えて下さい。
1週間前
×
"深く考えないという境地は、恐ろしいことに深く考えることによってしか到達できない。"
初回から引き寄せられます(笑)。
1週間前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。