• このエントリーをはてなブックマークに追加
マンガの80年代から90年代までを概観する:その28(1,585字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

マンガの80年代から90年代までを概観する:その28(1,585字)

2021-10-28 06:00
    オタク第一世代は1950年代後半の生まれだ。ぼくは1960年代後半の生まれなので、彼らより10歳年下ということになる。

    彼らがちょうどマンガやアニメに本格的に(オタク的に)目覚めるのは10歳頃だ。そのときは『巨人の星』と『あしたのジョー』の全盛期だった。だから、マンガの原初体験としてはこのムーブメントがある。

    その後、青春時代を70年代とともに過ごす。70年代は変化が激しく、最初は永井豪やジョージ秋山といったアングラ的なマンガが流行るが、その後にチャンピオンブームが訪れる。そして末期になると高橋留美子やあだち充のラブコメブームだ。

    ただ、チャンピオンブームやラブコメブームはいずれも70年代後半なので、この頃になるともう彼らは青年になっている。そしてこの頃の青年誌は、ちょうど大友克洋が出始めだったので、これにどっぷりハマるという構造になった。

    ところで、70年代は変化が激しすぎるため、3歳違
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。