• このエントリーをはてなブックマークに追加
マンガの80年代から90年代までを概観する:その59(1,612字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

マンガの80年代から90年代までを概観する:その59(1,612字)

2022-07-07 06:00
    ぼくは、1979年の12月から1981年の12月まで、丸2年タイのバンコクに暮らしていた。1979年12月(小5の冬休み)までは東京都日野市の程久保小学校に通い、1980年1月から1981年3月までの15ヶ月間、インターナショナルスクール・オブ・バンコク(ISB)に通った。

    その後、1981年4月の中1になるタイミングでバンコク日本人学校に転校した。さらに、1982年の1月から(中1の3学期から)、つくば市にあった私立茗渓学園中学に編入した。
    そんなふうに、この時期だけで4回学校を変わっている。ぼくとしては、思春期の変化とも相まって激動の時期だった。

    そして、この時期はマンガにとってはもちろん、世相そのものが激動していた。しかし、そんなことは同時代を生き、まだ思春期の入口にいたぼくには知りようもなかった。

    今となっては不思議なことだが、当時のぼくは、社会というものを何も知らないで暮らしてい
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。