• このエントリーをはてなブックマークに追加
マンガの80年代から90年代までを概観する:その63(1,791字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

マンガの80年代から90年代までを概観する:その63(1,791字)

2022-08-04 06:00
    1970年代後半は面白い時代だ。

    70年代前半に噴出した「社会の暗さ」がいつの間にか後退し、狂乱の80年代に向けて着々と下準備が整えられるようになった。インフレを契機にみんなの収入が等しく上がって、人々の心は次第に浮つくようになっていった。それが傲慢さにつながるのは80年代だが、まだこの頃は謙虚さを保っていた。そういう境目の時代が70年代後半である。

    そして、その境目をいち早く越境したのが若者たちであった。若者たちが、大人たちの浮かれた内心を察知して、それに先んじて羽目を外し始めたのだ。
    大人たちは、それに対して表面的には眉をひそめたが、結局は黙認した。内心が浮かれていたから、締めつけるだけの気力がなかったのだ。そうして、社会の箍がどんどんと緩んでいった。

    この頃から、恋愛が一つの「ブーム」と化していった。
    それまでの恋愛は、「抑えきれない衝動」のようなもので、ある種の選ばれた者だけがする
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。