• このエントリーをはてなブックマークに追加
令和日本経済の行方:その9(1,501字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

令和日本経済の行方:その9(1,501字)

2022-08-16 06:00
  • 1
日本は人口が減少している。これを「経済が縮小する」と憂う人は多いが、そもそもそういう人は、経済とは何か――その本質を分かっていない。

経済の本質――それは「天気」に似ている。あるいは「環境」に似ている。意味は、「相関する要素が多すぎて、正確に予測できない」ということだ。

そもそも、コンピューターが進化した目的の一つは「天気予報」だった。なぜなら、天気は予測できるとこれほど経済効果の高いものはないからだ。

まず、予測に則って農産物の計画的な育成ができるし、人の動きも効率的に差配できる。大雨が予測できれば災害も予測でき、多くの人命を守ることができる。

そんなふうに、天気予報が正確にできるようになれば、簡単に儲かる。それは、まだコンピューターができる以前の人々も分かっていた。それで、どれだけお金をつぎ込んでも良いからコンピューターを進化させようとした。コンピューターが進化して天気が予測できるよう
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント コメントを書く

シュレーディンガーの猫ですね

No.1 1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。