• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

[連載第40回]「もしドラ」はなぜ売れたのか?「テレビの影響」(2,269字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

[連載第40回]「もしドラ」はなぜ売れたのか?「テレビの影響」(2,269字)

2013-07-25 06:00
    「もしドラ」が売れたきっかけは、本を発売したことだった。この本は初めから順調なスタートを切った。
    それは、発売前に本の中に込めたさまざまな意匠やアイデアが、功を奏した結果だろう。そこまでは、いやらしい言い方をすれば「計算通り」だった。狙った通りに、多くの人々の興味を喚起することに成功したのである。

    ただし、この本は初めから「爆発的」に売れたわけではなかった。すぐに大きなブームを巻き起こしたわけでもない。むしろ、ブームの一歩手前でじりじりと推移していた。売れ方としては、むしろ静かな方だった。堅調ではあったが、目を見張るほどのものでもなかったのだ。

    その証拠に、この時期のビジネス書の売上げでは、常に2位以下に甘んじていた。というのも、この時期、「爆発的」なブームを巻き起こしたビジネス書があったからだ。
    それは「フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略(以下「フリー」)」という本だった。いわゆるフリーミ
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。