• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

you-meさん のコメント

「におい」はほとんど強制的に同型のシチュエーション想像を喚起するので、におう作品は人々の間の共通語として語られていくということでしょうか。
No.1
80ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
映画「スタンド・バイ・ミー」を好きな人は多い。オールタイムベストのアンケートでは、同じスティーヴン・キング原作の「ショーシャンクの空に」と並んで、必ず上位に入ってくる。この映画にインスパイアされた糸井重里さんが、「MOTHER」というRPGのゲームを作ったくらいの、強い影響力を持った作品だ。 そこには、古き良きアメリカの田舎町でくり広げられる、少年たちの一昼夜の冒険譚が描かれている。人々のノスタルジーを強烈に喚起するし、子供時代への憧憬を呼び覚ます。 しかし、ぼくにとっての「スタンド・バイ・ミー」は、そうした世間的な評価とはちょっと違う。ぼくにとってこの作品は、偉大な「ゲロ映画」なのである。人から「『スタンド・バイ・ミー』ってどんな映画?」と尋ねられると、必ず「ゲロの映画」と答える。この映画に出てくるゲロが、それほどインパクトが強かったのだ。 このゲロについて、もう少し詳しく説明する。  
ハックルベリーに会いに行く
『もしドラ』作者の岩崎夏海です。このブロマガでは、主に社会の考察や、出版をはじめとするエンターテインメントビジネスについて書いています。写真は2018年に生まれた長女です。