• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

週末に見たい映画#033「アマデウス」 (2,351字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

週末に見たい映画#033「アマデウス」 (2,351字)

2013-08-09 06:00
    アマデウスとはモーツァルトのことである。この映画はモーツァルトをテーマにした映画だ。
    ただし、主人公はモーツァルトではない。同時代の音楽家であるサリエリだ。このサリエリが、音楽史上に燦然と輝く偉大な天才であるところのモーツァルトをどう見ていたか――というのがテーマなのである。

    サリエリは、皇帝のお抱え音楽家として、富と名声、それに権力を誇っていた。彼は、当時の音楽界の頂点に君臨する存在だった。
    ところが、そんなサリエリの前にモーツァルトが現れる。モーツァルトは、勤勉なサリエリが一番嫌いなタイプだった。軽薄で、不真面目で、女たらし。サリエリはモーツァルトを嫌う。人間として徹底的に忌み嫌う。そのため、数々の意地悪をしたりする。

    しかし、ここからが面白いのだが、その一方でサリエリは、優れたな音楽家でもあった。彼は他の誰よりも「音楽の価値」を分かっていた。音楽を至上の芸術と思っていたし、それに対する敬虔な気持ちは誰にも負けなかった。
    そんなサリエリが、モーツァルトの音楽を聞くのである。
    すると、どうなるか?
    サリエリは、その素晴らしさに衝撃を受けるのだ。モーツァルトの天才性を、たちどころに認識するのである。
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。