• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

劇場版の「まどかマギカ[新編]」を見た感想(2,722字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

劇場版の「まどかマギカ[新編]」を見た感想(2,722字)

2013-11-12 06:00
    劇場版の「まどかマギカ」、正式名称「劇場版 魔法少女まどかマギカ[新編]叛逆の物語」(以下「叛逆の物語」)を見た。一度しか見ていないから大したことは言えないが、その感想を書く。

    「叛逆の物語」は、一言で言えば「難しい」内容だった。何が難しいかというと、理解する(受け止める)のが難しいのである。解釈は多様に可能だろうが、シンプルに受け止めるためのロードマップが引かれていない。だから、簡単に楽しみたいという向きにははっきりいって不満の残る内容になった。その逆に、どこまでも難しく解釈することが好きな人にとっては、何度でも見たくなる作品に違いない。

    作品のテーマは形而上学的なものだ。「神という概念をどう解釈するか?」というのが主要なテーマといっても差し支えないだろう。
    世の中には、「概念的な議論を戦わせる」という遊び方がある。それは例えば、「パラドックス」についての問いかけの中で行われたりする。

    SFの最
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。