• このエントリーをはてなブックマークに追加
仕事の本質は「何を」するかにはなく「どう」するかにある(2,520字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

仕事の本質は「何を」するかにはなく「どう」するかにある(2,520字)

2014-01-03 06:00
  • 3
仕事の本質は「何を」するかにはなく「どう」するかにある。
というより、そのことにしかない。
あるとき、そのことに気づかされた。今日はそのことについて書きたい。


世の中には、自分の仕事に不満を持っている人が多い。
いわく、
「好きでやっているわけではない」
「生活のために仕方なくやっている」
「できることなら仕事をしたくない」

放送作家をやっていた頃、そういう人からよく、「好きなことを仕事にできていいですね」と言われていた。特に、若い人にそう言う人が多かった。

しかし、そう言われるたび、ぼくは違和感を覚えていた。
なぜかといえば、一つには、単純に「放送作家という仕事があまり好きではなかった」からだ。苦手だったのだ。
だから、いつも「辞めたい」と思っていた。それでも、なかなか辞めることができず、うんうんと苦しんでいた。

そんな状態なのに、他者からは「好きな仕事をしている」と見られることに、違和感を覚えてい
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント コメントを書く

非常にいい話です。ためになりました。

No.1 104ヶ月前
userPhoto 岩崎夏海(著者)

>>1
ありがとうございます!

No.2 104ヶ月前

さすが!の素晴らしい記事です!

No.3 104ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。