• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

亡くなったマルケスの「百年の孤独」のこと(2,359字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

亡くなったマルケスの「百年の孤独」のこと(2,359字)

2014-04-21 06:00
    つい先日、とある新聞のインタビューを受けているときに、「人生を変えた本を一冊挙げるとすれば何ですか?」と問われ、ぼくは迷わず「百年の孤独」と答えた。こう答えると、いつも意外な顔をされる。それは、ぼくだったら当然ドラッカーの「マネジメント」だろうという予断が先方にあるからだ。
    しかし、ぼくにとって最も特別な一冊は「百年の孤独」に他ならず、それは終生変わることがないだろう。そんなとき、作者のガルシア=マルケスが亡くなったというニュースが飛び込んできた。

    ノーベル文学賞のガルシア・マルケス氏死去 NHKニュース

    マルケスは87歳で亡くなった。一方「百年の孤独」は1967年、今から47年も前に出版された。このとき、マルケスは40歳だった。ところで、ぼくが「もしドラ」を出したのは41歳だ。
    さすがに比較するのはおこがましいが、ぼくはマルケスをずっと強く意識していた。というのも、彼が「百年の孤独」を書いたのは
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。