• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

競争考:その30「メタ視点の鍛え方」(2,145字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

競争考:その30「メタ視点の鍛え方」(2,145字)

2014-11-18 06:00
    競争に勝つためには、メタ視点が必要だ。
    グラウンドレベルでは感受性を豊かなままに保ちつつ、メタレベルでそれを冷静に受け止める――すると、しなやかで懐の深い戦い方ができるようになり、「全てを兼ね備えた圧倒的な勝利」を導くことができる。

    では、メタ視点はどう鍛えればいいのか?
    それにはまず、文字通り視点を高くすることが必要である。
    その具体的な方策として、前述した世阿弥の「離見の見」が有効だ。自分の背中、それも少し高いところに視点を置いて、そこから自分を見下ろすようにするのだ。

    もちろん、物理的にそう見ることは不可能だが、イメージすることなら可能だ。訓練を積むと、まるで本当に見ているかのように想像することもできる。
    あるいは、今だったらビデオカメラを設置してもいい。それで、自分自身の背中を映すのだ。
    そうすれば、自分を他者のように見るのがどういう感覚か、つかめるようになってくる。メタ視点がどういうものか、お
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。