• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

Vol.461 結城浩/本を書く心がけ/ヒルベルトホテル/個人出版での表紙デザイン/編集者からの指摘にもやもや/傷つけた相手の怒り/
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Vol.461 結城浩/本を書く心がけ/ヒルベルトホテル/個人出版での表紙デザイン/編集者からの指摘にもやもや/傷つけた相手の怒り/

2021-01-26 07:00
    Vol.461 結城浩/本を書く心がけ/ヒルベルトホテル/個人出版での表紙デザイン/編集者からの指摘にもやもや/傷つけた相手の怒り/

    結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2021年1月26日 Vol.461


    目次

    • レビューアさんからのフィードバックと「かけはぎ」 - 本を書く心がけ
    • ヒルベルトホテルのパラドックス
    • 個人出版での表紙デザインには注意しよう - 本を書く心がけ
    • 編集者からの指摘にもやもやしてしまう - 文章を書く心がけ
    • 傷つけた相手の怒りが半年経っても収まらない - コミュニケーションのヒント

    はじめに

    結城浩です。

    いつもご愛読ありがとうございます。

    今年最初に刊行予定の『再発見の発想法』の初校ゲラを読み終えました。現在は編集部にボールが移り、再校ゲラを待っている段階です。

    ◆『再発見の発想法』
    https://www.amazon.co.jp/dp/4797395311/?tag=hyuki-22

    現在は「数学ガールの秘密ノート」シリーズの第15作目、その第1章をせっせと書いているところです。先は長いですねえ。

    本を書くのは楽しい仕事ですけれど、第1章がいちばん難しいかもしれませんね。方向性がまだ明確に「見えて」いないことが大きな理由です。

    どんな本になるかは書いてみなければわからないけれど、本を書くためにはどんな本になるかを知らなければいけません。このニワトリタマゴ問題は、本を書くときに毎回襲ってくるのです!

    それでは今週の結城メルマガ、どうぞごゆっくりお読みください。

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。