• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

◆ノベルゲームの実況プレイ動画の話◆
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

◆ノベルゲームの実況プレイ動画の話◆

2020-05-25 21:45
  • 39
平素よりお世話になっております。
稲葉です。

今月も25日がやってきましたね。

あまり外に出ていないこともあるんでしょうか、
最近は本当に1ヶ月が過ぎるのが早く感じられます。
(まあ、コロナ関係なく、いつも言っている気もしますが)

さて、今月は昨年のGW明けから続けてきた、
『ドキドキ文芸部』を完結させることが出来ました。

プレイ後の感想を喋る動画を、気付いたら4つも作っていたんですけど、
出来た動画を聞いていて、なんというか、
「うーん、感想が若くないなぁ~」とか思っちゃいました…笑

で、ですね。
今回、『ドキドキ文芸部』という凄いゲームを遊んだことで、
あらためて、ノベルゲームというジャンルについて、
いろいろと考えることができました。

良い機会ですので、今月は、
『ノベルゲームの実況プレイ動画について』
というテーマで書いてみようと思います。

 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
入会して購読

チャンネルに入会して、購読者になればこのチャンネルの全記事が読めます。

入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

ブログイメージ
稲葉活字万鉄
更新頻度: 月1本(毎月25日)
最終更新日:2020-06-25 23:52
チャンネル月額: ¥550 (税込)

チャンネルに入会して購読

ニコニコポイントで購入

この記事は月額会員限定の記事です。都度購入はできません。

他29件のコメントを表示
×
更新お疲れ様です。
毎回楽しく読ませて頂いています。
今回はノベルゲームの話ということで、思わずコメントを書き始めてしまいました。
というのも、ノベルゲームをやろう会のマイリストには今でも本当にお世話になっておりまして…何かの作業時には必ずと言って良いほどマイリストを連続再生しています。
ゲームの内容、稲葉さんの読み方、声、リアクション、全てが大好きな実況シリーズなので耳寂しい時にはついつい再生してしまいます。
(時々作業の手を止めて聴きいってしまうこともありますが)
様々な試行錯誤を経た今の実況スタイルも、当時の実況スタイルもどちらも常に稲葉さんはゲームを全力で楽しんでいるなぁと感じられるので好きです。
個人的に実況動画の醍醐味は実況者さんがゲームを楽しむ姿を見るところだと思っているので、その点において稲葉さんの右に出る人は居ないように思えますね。
これからもどうぞゲームを楽しんでください!
1ヶ月前
×
更新お疲れ様です。
稲葉さんといえば、ノベルゲームのイメージがありますね。
今までボルゾイ企画をきっかけにいろいろな実況動画に触れてきましたが
ノベルゲームを実況されていたり、自分が惹かれてみたいと思ったりしたことは
思えば、稲葉さん以外になかったなと思いました(他動画主さんの善し悪しということではなく)

TRUE REMEMBRANCEは当時の更新も、再実況の時も投稿を楽しみにしていたことを覚えてます。
最初の時は、話半分で聞いてしまっていて、ちょうど2週目で見返しが終わった次の周あたりに、偶然再実況がスタートし、嬉しくも不思議な感情になりました。
また、話し中にでてきた「ボインターボ号」これはきっと、1999Christmasイブの実況のことでしょうか..w
私もホラーはまったくダメなのですが、稲葉さんも同じようにおっかなびっくりとプレイされていて
なんだか同じように驚き、同じように克服した気持ちでいたりします。

いつまでも話を聞いていられるほど稲葉さんの声が落ち着いていて、プレイヤー目線で話をされていることが
稲葉さんのノベルゲーム実況の良さかと思います。ドキドキ文芸部は長編でありましたが、私は「街」も2週するほど永遠とお話を聞けるので、また次の作品も楽しみにしてます!
1ヶ月前
×
お疲れ様です。今月も更新ありがとうございます!毎月楽しみです!今年度から社会人になって、社会人をしながら動画を投稿し続けることのすごさを身に沁みて感じています。本当にいつもありがとうございます。
ノベルゲーム実況はまさに何かしながら見るのにぴったりで、自室にいるときは必ずなにかしらのイナババさんのノベル実況を垂れ流して生活しています。感動ノベルゲームをやろう会シリーズと街を主にループさせていて、何回聞いても面白いし落ち着きます。街に関しては自分で買ってプレイして、見てないエンドや追加コンテンツを見ることもできて楽しかったです!かまいたちの夜好きなのでやっていただけたらとても嬉しいです!
落ち着いたゲームも派手なゲームも変なゲームも全て面白いゲーム実況になるイナババさんが本当に大好きです。これからも楽しみにしております!どうか無理なさらずに、お体大事になさってください!
1ヶ月前
×
平素より大変お世話になっております。

冒頭の「聖剣伝説3」の幽霊船の件、自分以外にもいたんだぁ!
という今まで家族にも言えなかったちっちゃな秘密を共有できてとてもうれしかったです(笑)

自分の場合、BGM消すだけだと無音で怖かったので、妹の電子キーボードに内蔵されているサンプルBGMを流しながらじゃないと無理でしたが、、、(苦笑)

どうでもいいことなのですが。思わずコメントしてしまいました。

これからも何卒よろしくお願い致します。

一つ違いの同世代おじさんより
1ヶ月前
×
稲葉さんのノベルゲーム実況が本当に本当に好きなので、ノベルゲームについての話が聞けて嬉しいです!!
特に「"朗読"にならないように」の項目はほんとにもう、首もげるほど頷きながら読みました。
稲葉さんが文章を全部読んでくれるところ、そして読み上げに感情を乗せすぎないところ、最高です!すきです!!!
お体ご自愛してほしいのらですが、ノベルゲーム実況の次回作も楽しみにしています…!(笑)

あと、かまいたちの夜orかまいたちの夜2、いつか稲葉さんの実況で聴けたら嬉しいです…!
1ヶ月前
×
読み上げに気持ちを込めすぎないという点、視聴者に想像の余地を与えてくださっているようで、そこがまたすきです。
稲葉さんのノベルゲーム実況を聞いていると、まるで自分で小説を読んでいる時みたいに、「ここのセリフはこんな気持ちで(言い方で)言ったんだな」と自然に想像することができます。
その各々の解釈の妨げ(稲葉さんのおっしゃる「雑味」に当たるのでしょうか!?)にならない読み方が素敵だと思います!
1ヶ月前
×
「他人と物語を共有する」ことの面白さを明確に理解させて頂いたのは稲葉さん,もといふひきーさんのノベルゲーム実況でした.稲葉さんの落ち着いた声色や視聴者への配慮,稲葉さん自身のリアクションなど,いつも楽しく視聴させて頂いております.お仕事でお忙しい中ではあるかと存じますが,これからもノベルゲーム実況が少しずつでも上がると大変嬉しく思います。また,最近はまた季節の変わり目でもありますので,是非お体を大切にして頂ければと思います.それでは,これからの稲葉さんの実況者やその他プライベートも含め,ご活躍をお祈りいたします.
1ヶ月前
×
稲葉さんのノベルゲーム実況がとても好きです。
未だにTRや送電塔のミメイは作業時に流してます。
幾度も幾度も視聴しているので、呼吸のタイミングや読み間違いの部分などを完全に覚えていたりしてます(笑

ノベルゲームにおける全文の読み上げ、朗読時の声音の抑え方、随所に挟まれる感情の篭った感想、どれも作業時のBGMとして聴かせて頂いているこちらとしては非常にありがたいです。

このご時世、色々と忙しく大変でしょうが、どうかご自愛くださいませ。
1ヶ月前
×
こんにちは。ブログ、今月もたのしく拝読いたしました。

わたしは稲葉さんの「自然さ」が魅力だと思っています。
おかしいときに笑い、驚いた時には思わず謝り、辛く悲しいときには声を詰まらせながらも読み上げる…そういう姿に、第5の壁の向こうでも強く共感できるんだろうな、と。
そんな稲葉さんと一緒だからこそ、わたし一人では絶対に手出しをしなかったであろう「ドキドキ文芸部」や「1999ChristmasEve(ボインターボ号の名前があったので 笑)」の、怖さの奥にある魅力を知ることができたと思っています。

それと、稲葉さんの作る、感想回が好きです。
それは、どの感想回もストーリーをはじめとした作品に対しての洞察にあふれていて毎度興味深く、自分一人で感じたことよりもはるかに深く作品をたのしむことができるからです。
それに、見ているわたしも、感想回で「それわかる!!」って、相槌をうちたいんですよね。いい映画を見終わった帰り道、一緒に見た友人とワイワイ感想や思いついたことを言いたくなる気持ちに近いというか。そういう気持ちに、させてくれるんです。
いつもありがとうございます。

では、次回の更新もたのしみにいたしております。
これから雨の季節ではありますが、青い空がすこしでもたくさん見られる日々でありますように。
4週間前
×
いつも素敵な実況動画をありがとうございます。

学生時代から社会人となった現在まで稲葉さんの実況動画を楽しんで見ていますが、個人的にはやはり稲葉さんといえばノベルゲーだよなぁと思ってしまいます。
優しく穏やかで、だけど緩すぎない明瞭な声は、何時間聞いても嫌にならないので、作業中や勉強中はとてもお世話になっています。
何百回も見たので次に何を言うか分かっているはずなのに、それでも思わず吹き出してしまう実況動画ならではのシーンもたくさんあり、本当に飽きないです。

感想回がとても好きで特にTo the Moonの感想動画は、プレイヤーとしての視点はもちろん、ジョニーやリヴァーなどキャラクターの立場から見た心情まで多角的な視点で考察をされていて、読解力の凄さに驚きました。

ノベルゲーではないですが、さらっと建立を「こんりゅう」と読んでいたり、ミメイの時も知らない漢字の読みや意味をその場で調べて実況していたりして、とても丁寧で勉強熱心な方だと思っています。

いつかの動画で館炎上エンドのノベルゲーを作りたい、と仰っていてちょっと楽しみにしているのですが時間が足りなすぎますよね…。
一日が178時間になればたくさん休める時間が出来てリフレッシュ出来るのになぁ・・・。
どうか怪我病気だけはしませんように。
3週間前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。