• このエントリーをはてなブックマークに追加
大人の男の一人旅:”岩島の要塞都市”ギリシャ・モネンバシアを紹介!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

大人の男の一人旅:”岩島の要塞都市”ギリシャ・モネンバシアを紹介!

2016-06-10 12:18
    バックパッカーとなり、世界中を旅する…男の夢のひとつですよね。
    今ひそかなブームとなり年々注目されている1人旅にお勧めのスポットを紹介していくコラム『大人の男の一人旅』

    第6回目は、ギリシャ南部ペロポネソス半島沖にある“岩島の要塞都市”「モネンバシア」を紹介したいと思います。
    東西1500m,幅600m,標高199mという巨大な岩は、西暦345年に起きた地震によって陸地から離れて島になったとされています。

    ◆モネンバシアにある唯一の町
    04.jpg
    モネンバシアは、半島から眺めると一見巨大な岩でできた無人島のような姿をしています。
    しかし、それはまるで地球から月の裏側が見えないように、モネンバシアの町は島の南東側…つまり半島の真逆側に高くそびえる岩陰に隠れながら形成されています。

    01.jpg

    この町には約1400人程住んでおり、現在は観光地として人気を呼んでいます。 また、町に面した崖を登った少し離れた場所には、ぽつんと1軒の館が。
    17.jpg

    ここはかつて教会だった建物で、現在は廃墟となっています。 まるで中世ファンタジー世界のようなこの場所は、人気のスポットのひとつにもなっています。
    19.jpg

    ◆モネンバシアの場所や交通手段は?
    10.jpg

    モネンバシアは首都アテネからは少し離れた、ギリシャ南部ペロポネソス半島沖にあります。
    まずは成田空港から乗継便で24時間程度でアテネまで。航空料金は片道で約4~5万円程です。 アテネからは直通バスで6時間程。バスの運賃は10ユーロ(約1200円)。
    週末に1本のみですが直通フェリーもあるようなので、タイミングが合えばこちらを利用するのがいいでしょう。
    03.jpg

    半島からモネンバシアへは200メートルほどの距離がありますが、971年には本土とモネンバシア島を結ぶ橋が島の西部に完成し、ギリシャ国道86号線が島に開通しました。
    この道を渡り、島の海沿いに続く舗装道路を歩いていくと町の入り口にたどり着きます。

    ◆モネンバシアの特徴や名所
    14.jpg

    モネンバシアの特徴はこの地形に作られた「城塞都市」の町並み。 町の入口であるこのトンネルをくぐるとそこは、まるで隠れ家のように作られた城塞都市。
    長い間この地を守ってきた歴史感じる町並みが広がります。
    06.jpg

    町の中は、どの道も細く入り組んでいるためまるで迷路。
    地図を見ないで歩けば、行き止まりに出くわしたりと迷子になってしまうかもしれません。

    車も通ることができないため移動は徒歩、もしくはロバなどになります。
    05.jpg

    続きはこちら
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。