• このエントリーをはてなブックマークに追加
危険な職業 『戦場カメラマン』
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

危険な職業 『戦場カメラマン』

2016-10-02 12:00

    戦場カメラマンとは

    4.jpg

    渡部陽一さんなど、バラエティ番組で人気が出た方がいることで耳にする機会が増えた「戦場カメラマン」という仕事。

    戦場カメラマンとは戦争や紛争が起こっている地域で、戦場の様子を記録、もしくは作品を新聞社や雑誌社に販売などするカメラマンのことで、軍に同行して活動する場合は従軍カメラマンとも呼ばれます。

    常に死と隣り合わせの危険な仕事で、捕らえられ殺害されてしまうことも。
    過度のストレスによる精神病や睡眠障害に陥ることも多く、劣悪な衛生状態による病気、食料の不足による空腹などの危険性もはらんでいます。

    場合によってはニュースなどの現地特派員としてレポートを行う事もあり、冷静に情報を伝える技能も求められる事もあります。

    戦場を渡り歩くにあたって必要なこと

    2.jpg

    「優先順位としては、危機管理が第一、取材が第二」

    日本で一番有名であろう戦場カメラマン"渡部陽一"さんがこう語っています。

    「できる準備をどれだけしておくのか。自分が取材にいく理由や任務を、どれだけ具体的に伝える事ができるのか。何かあったときの責任を、どうした入り口につなげていくのか。その段取りを組んでおくこと、伝えておくこと、整えておくことが大切です。」

    必ずガイドの言葉に従うこと、取材を欲張らないこと、退く勇気を持つこと。
    これが、戦場カメラマンにおいて最大のウェイトを占めています。
    取材活動のすべてを100パーセントとすると、そのうち80パーセントは、取材の段取りや準備、何かが起きたときの避難経路を複数確保しておくことだそうです。

    残りの20パーセントは、現場での撮影技術であったり、動き方。
    この危機管理を徹底させることが、自分自身の恐怖心を克服する最大のポイントです。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。