• このエントリーをはてなブックマークに追加
漫画に学ぶ男前!『ハイキュー!!』の主人公・影山飛雄から男前を学ぶ!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

漫画に学ぶ男前!『ハイキュー!!』の主人公・影山飛雄から男前を学ぶ!

2016-10-01 15:00
    今回は、『週刊少年ジャンプ』で連載中のバレーボール漫画『ハイキュー!!』のもう1人の主人公、影山飛雄から学んでいきたいと思います。

    tobio.jpg

    以前、漫画で学ぶ男前の第5回目に紹介した作品「ハイキュー!!」。
    日向翔陽と共に成長し、バレーボールに励むもう1人の主人公が、烏野高校バレー部セッター・影山飛雄です。
    飛雄はセッターというポジションに強い誇りを持ち、圧倒的なセンスと技術でチームをサポートします。
    しかし高校に入学する前は、自分の才能についてこれない仲間のことを考えない独善的な性格で孤立し「(自己中の)王様」と揶揄されていました。

    そんな飛雄が日向と出会い、チームのことを思い協力し勝利していく姿勢から男前を学びたいと思います!

    「その為のセッターだ」

    tobio1.JPG
    ○オトコマエポイント
    「セッターとは何の為に必要なのか」その答えを中学の頃の飛雄は理解していませんでした。
    しかし烏野高校に入学し日向と出会い、「スパイクを気持ちよく打たせる為」にセッターがいるのだと考えを改めます。
    この心境の変化が化学反応を産み、個々では達成できなかった力をチームで生み出すことになるわけです。

    「自分には能力がある」からとワンマンプレーをしているだけでは限界があります。
    より力をつけて、より先へ先へと突っ走るだけでなく、自身の力を仲間に使ったら、また協力すればどういったことができるのかと、視野を広げて見ることのできる人は"オトコマエ"ではないでしょうか。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。