• このエントリーをはてなブックマークに追加
MRIで内蔵脂肪を立体測定する体組織計「HCS-FS01」エレコムより発売
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

MRIで内蔵脂肪を立体測定する体組織計「HCS-FS01」エレコムより発売

2016-11-17 12:46
    どうも、編集部ハマサキです。
    この間健康診断に行ったんですが、体重はあまり変わらず体脂肪が増えていました。
    家の体重計はシンプルな体重のみのヤツなんで油断してましたね…。

    こういうのは日々の管理が大切なので、今回は計測した体重をそのままスマホで管理できる体組織計を紹介したいと思います。

    MRIを利用した体積推定方式

    01.jpg

    エレコムのヘルスケア用品ブランドHELLO(ハロー)から発売される「HCS-FS01」は、筑波大学との産学連携プロジェクトにより誕生した体組成計。
    家庭用として初めてMRI測定によって腹部全体の内臓脂肪を算出する体積推定方式を採用し、より正確な内臓脂肪レベルを測定できます。

    「HCS-FS01」で測定できる項目は体重、内臓脂肪レベル、BMI、体脂肪率、骨格筋率、骨量、基礎代謝の7項目。
    過去の測定データから4人までの登録者を推定する自動認識機能が搭載されているので、測定のたびに登録者を選択する必要はありません。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。