• このエントリーをはてなブックマークに追加
【匠に学ぶ】音響メーカーBOSE創業者『アマー・G・ボーズ』さんに学ぶ仕事術
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【匠に学ぶ】音響メーカーBOSE創業者『アマー・G・ボーズ』さんに学ぶ仕事術

2017-07-25 20:25
    世界的に知られているアメリカの音響メーカー『BOSE』
    高音質なスピーカーやヘッドホン、サウンドシステムといった革新的なアイテムを生み出している人気メーカーのひとつです。

    今回はそんなBOSEを創り上げ、晩年まで駆け抜けてきた『アマー・G・ボーズ』さんから仕事術を学びたいと思います!

    アマー・G・ボーズ

    bose1.jpg

    アメリカ南東部の街フィラデルフィアで生まれたボーズさん。
    幼少期から電気工学と電子工学の分野に興味を持ち、貧しかった家計を助ける為に、13歳でラジオ修理のビジネスを興し、フィラデルフィアでも一躍有名になりました。

    そんな彼はマサチューセッツ工科大学(以下MIT)に進学、様々な知識を吸収しながらどんどん電気機器の開発を夢見ていきます。
    在学中に買ったオーディオが、100%原音忠実再生を謳った物だったのに、実際に聞く音がそう感じられなかった事がきっかけで音の研究に没頭します。

    卒業後もMITで教鞭をとりながら電気機器に関する多くの特許を取得し、1964年にMITの研究室にBOSE社を立ち上げたのです。

    あのBOSEの始まりが大学の研究室だったとは驚きです。
    いくら自分の好きな事とはいえ、一つの分野に集中して生きていく事は生半可な想いでは成しえません。
    たったひとつのオーディオをきっかけにスピーカーから出る音と、人間が聞いている音の違いに興味を持ち、突き詰める感性を持っていたボーズさんだからこそBOSEをここまで絶対的な存在にしたのではないでしょうか。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。