• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 1件
  • ファム・ファタール:アルテミスの祝福(作:雅や)

    2020-05-30 19:15  
     ハリ・パパスはこのところその明晰な頭脳をフル稼働させていた。
     これまでの経緯を考えれば、「そう」なることは想像に難くない。「それ」だけは、なんとしても避けなければ。
    「……やっぱり確実なのは、先手必勝、かな……」
     幾度となく繰り返した脳内シミュレーションで、最善の一手を導き出す。
    「よし……この手なら」
     このところ「それ」を考えている間中、ずっと渋面だったハリ・パパスの顔にようやく笑みが浮かぶ。
    「チェックメイトだ」
     あとは、「それ」を実行に移すだけだった。
     カノン J.草薙は、「その日」を目前に悩んでいた。
     だって「彼」は、「食」にそれなりの「こだわり」があるように見えるのだ。
    (だから、私の作ったものじゃ満足させられないような気が……するのよねぇ)
     肥えまくったハリ・パパスの「舌」は。
     そりゃあ、心はもう「めいっぱい」込めるけれども。
    (そもそも、ハリくんの好きな食べ