• このエントリーをはてなブックマークに追加

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

窪寺博士のダイオウイカ研究記-その10

2018-07-02 16:45
    392dc54ce0a39523a52d6e7d12d2a2ff5b0cfdbb

    [本号の目次]
    1. 調査二年目・動画カメラの開発
    2. 調査二年目の成果
    3. 釣りあがった魚たちと胃内容物
    4. 調査二年目の反省

    調査二年目・動画カメラの開発

     2002年の調査では、小笠原沖の深海に潜むヒレジロマンザイウオやアカイカ、ヨシキリザメなどの姿を静止画像で捉えることができた。これだけでは論文にならないが、このような深海カメラを用いた調査を続けることによって、ダイオウイカをはじめ深海に蠢く未知の生物達の生き様が見えてくる。小笠原から戻って早々、調査二年目に向けての計画を練った。新たに開発したいのは動画の撮影のできる深海カメラである。内藤先生のロガーを開発したリトルレオナルドの鈴木さんに協力をお願いした。当時もっとも小さいビデオカメラとしてパナソニックが発売したSV-AV30-Aを利用することにした。画質は悪いが、1秒に15コマで動画を撮ることができる。今で思えば玩具のようなビデオカメラであるが、やってみなければ何も始まらない。このカメラを水深1000m耐圧の円筒に収めた。照明用の小型ハロゲンライトを同じサイズの円筒おさめ、カメラを真ん中にしてその両側にライトの筒が固定できるフレームを製作した。これをカメラ・ロガーと同じように幹縄に下向きに吊るし、その下に仕掛けを付けることにした。

    afedb7cd1706bb67ac9892df38ab2e8e31d8044c
    パナソニックの小型ビデオカメラ(SV-AV30-A)、1秒間に15コマの連続静止画を撮り動画とする簡易型。通常のビデオカメラは1秒間に30コマ、最新のものでは60コマの撮影が可能。
    60c86875a2ad3af6476498a7efca4a73a7fa31f8
    動画カメラシステム。三本の円筒からなり、中央にビデオカメラ、両側にハロゲンライトが付く(タイマーで同調して作動)

    調査二年目の成果

     2003年、昨年とほぼ同じ10月初旬、二台の静止画ロガーと新しく開発した動画カメラを携えて、小笠原父島に戻った。二年目になると、船頭の磯部さんも乗子の平山さんも勝手知ったる調査である。早速、三本の旗流し縦延縄、吊るす仕掛け、餌などを用意して、動画カメラを吊るすハーネスも誂えてくれた。今年はNHKの小山ディレクターは同行しておらず、森さんもホエールウォッチング協会の仕事で忙しく、第八興勇丸には磯部さんと平山さん、それに私の3人だけである。漁師時間で朝まだ暗いうちに港を出て1時間半ほど航走して、調査海域に着くと二台の静止画ロガーを投入して、最後に動画カメラを幹縄に繋いで流す。漁業用の縦延縄を6本ほど入れてから、いつものハムエッグと漬物とみそ汁の朝メシで一段落。その後、縦延縄に付けた浮き球を見て回り異常な動きをしているものがあれば引揚げる。今年はずいぶんいろいろな魚が揚がってきた。釣れた魚は胃袋を割いて、何を食べているのかを調べたことは言うまでもない。

    4d34e5eb9f03887341f8821a816d0512a5fc7e7b
    左:動画カメラと下に吊るした仕掛け(スルメイカ)
    a7be4b7445c21b655235542b5cc7ea19d1c69c7a
    静止画ロガーの仕掛けにかかったアブラソコムツ

    釣りあがった魚たちと胃内容物

     釣りあがってきた魚類と胃内容物を紹介しよう。アブラソコムツは800mの幹縄に吊るした静止画ロガーの仕掛けにかかってきた。釣り針にかかってから船に取り込まれるまで、逃げようと動き回る姿が300枚を超える静止画で捉えられた。体長1mを超える大型魚である。大きな口に鋭い歯が並んでいる。胃袋からは、ほとんど消化されていない外套長30㎝ほどのカギイカと頭腕部がちぎれた外套長10㎝ほどの若いカギイカが出てきた。幹縄600mの漁業縄では、アブラソコムツによく似た大型のバラムツや体長1.5mほどの丸まる太ったメバチマグロが釣れあがってきた。バラムツの胃袋からは、クロシビカマスと思われる体長40㎝ほどの魚と外套長20cmほどのトビイカの他、消化された頭足類肉片が出てきた。メバチマグロからは、ミズウオと思われる体長40㎝ほどの魚と小さなムネエソの仲間、消化の進んだ種不明小型魚類やイカ類などが出てきた。アブラソコムツやバラムツは中深層性の比較的大型の魚類やイカ類を一飲みにしており、メバチマグロは中層域で様々な魚類や頭足類を捕食しており、小笠原沖の中深層域での食うー食われる関係は複雑である。

    f7d333d5e11936c70144ae3b5146410f34658c83
    釣りあがってきたアブラソコムツ
    4b40b5712f1982493280c1d0de65d70cbf1fa169
    アブラソコムツの胃内容(かなり大型のカギイカを丸ごと食べていた)
       
    78cdfe460c60081e6f958f29466b84bb8b7d8997
    釣りあがってきたバラムツ
    6da27971e092dd27caa9bdbae9236f223c956c70
    バラムツの胃内容(クロシビカマスと思われる魚とトビイカを食べていた)

    2b630484631c07d065d8c5904919412924ccc28a
    釣りあがったメバチマグロ
    970f399732dc8b304b35112a144605c9a776cd31
    メバチマグロの胃内容(ミズウオらしき魚とムネエソの仲間、ツメイカダマシと思われるイカを食べていた)

    調査二年目の反省

     この年は天候にも恵まれ、10月2日から8日の1週間で6日も調査海域に出ることができた。静止画ロガーは幹縄500mと800mの2本に付けて、昨年と同様の調査を行った。二年目ということもあり、磯部さんが特製の大型イカ針を用意してくれて仕掛けの長さや仕様も少し変えてみた。ところが、初日・二日目の調査では仕掛けがイカ針に絡んだり、画面に映りこんだりして上手くいかなかった。また、幹縄が浅い方へ流されてロガーが海底についてしまうアクシデントもあった。それでも最終日には、800mの幹縄の仕掛け針にヒレジロマンザイウオがかかり、海面まで釣りあがる連続写真が得られた。動画ビデオカメラは6回撮影を試みたが、そのうちの4回で映像が得られた。しかし、期待していた大型イカ類の姿は全く得られなかった。用いた小型ビデオカメラの性能とハロゲンライトの光が弱かったこともあるが、真っ暗闇の深海で鮮明な動画を撮影するためには、超高感度で画角の広い特殊カメラと強い光が必要であることが、反省として残された。

    9c8b00ca774f0f78614c06353963a00c8d0b6737
    水深500m付近の海底で撮影されたツノザメの仲間と小型の魚類
    606dce8f59d8befc88b599bce429ad1500fb09da
    800mの幹縄の仕掛け針にかかったヒレジロマンザイウオ(連続静止画像あり)
    c2b46ec23c1270b4f8595e236fa81d16608df6a7
    釣りあがったヒレジロマンザイウオ(別名テツビン)




    ・・・その11へ続く。

    一番最初からから読みたい方は下をクリックしてください。
    その1:http://ch.nicovideo.jp/juf25sui/blomaga/ar1471337

    *著者情報
    38e7304a2d27f52a1aa0b24c1676f63b137ef9b5

    【窪寺恒己(くぼでらつねみ)】
    水産学博士 国立科学博物館名誉館員・名誉研究員 日本水中映像・非常勤学術顧問
    ダイオウイカ研究の第一人者。2012年に世界で初めて生きたダイオウイカと深海で遭遇。

    専門分野:海洋生物学/イカ・タコ類/ダイオウイカとマッコウクジラ/深海生物
    主な著書:「ダイオウイカ、奇跡の遭遇」新潮社 2013年
         「深海の怪物ダイオウイカを追え!」ポプラ社 2013年 他

    詳しいプロフィールはこちら
    www.juf.co.jp/seminar/kubodera/

    「烏賊解剖学のススメ」を日本水中映像チャンネルにて公開中!是非ご覧くださいhttp://ch.nicovideo.jp/juf25sui



    *頭足類の映像もあります
     日本水中映像YouTube https://www.youtube.com/user/suitube7

    *講演情報などもアップしています
     日本水中映像FaceBook https://www.facebook.com/japanunderwaterfilms




    ※当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
    使用をご希望される方は、下記までご連絡をお願いいたします。
    ※Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

    【日本水中映像株式会社】
    メールアドレス:contact@juf.co.jp
    電話番号:03-3951-5226

     
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    にこにこスイスイブログ
    更新頻度: 不定期
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥330 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。