• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

窪寺博士のダイオウイカ研究記-その9
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

窪寺博士のダイオウイカ研究記-その9

2018-06-04 16:29
    392dc54ce0a39523a52d6e7d12d2a2ff5b0cfdbb

    [本号の目次]

    1. 深海カメラ調査開始
    2. 調査初日の成果
    3. ロガーの画像
    4. ミラクルショット

    深海カメラ調査開始

     2002年10月21日、調査初日、朝7時。小笠原二見港の奥に続く漁船船溜まりに係留されている第八興勇丸の甲板に船頭の磯部さん、漁の手助けと雑用をこなす乗子の平山さん、小笠原ホエールウォッチング協会の森さん、それに取材の下見ということでNHKの小山ディレクターと私の5名が顔をそろえた。さあ、出航だ。うねりはやや高いが、快晴である。父島から南東に向かい1時間半ほど沖にでた。森さんの長年にわたる観察で分かってきたマッコウクジラの群れが現れる父島南東海域である。平山さんが旗竿と浮き球、幹縄の籠を用意した。磯部さんが工夫したハーネスを使ってロガーを幹縄につないで、その下にナイロンテグスの仕掛けを吊るした。仕掛けには特大のイカ角と餌のスルメイカが付いている。漁師が結んだロガーと仕掛けである、落とす心配はない。磯部さんは船を微速で大きな円を描くように操船しながら、長い幹縄を出していく。小一時間ほどかけて400、600、800mの幹縄に三台のロガーを吊るし、各々500mほどの距離を置いて順々に入れた。

    f026f270a6b422e70f0d79343dd32cadeadebdcd
    第八興勇丸作業甲板 
    dd184732cd86fc5275c3871cdf42ddbad26f6ab5
    旗流し縦延縄に調査ロガーを付けて流す

    001bf5d0f709f0887e992235cf3b027e5bf76a6e
    ロガーを吊るすハーネスとイカ釣ライト 
     
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。