• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

窪寺博士のダイオウイカ研究記-その18
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

窪寺博士のダイオウイカ研究記-その18

2018-12-17 15:01
    58bda9adae4c301cc536b342202528aa2c69918e

    [本号の目次]
    1.科学研究助成金基盤研究(B)に採択される
    2.小型HDビデオカメラ撮影システムの開発
    3.2006年10月、小笠原深海ビデオカメラ調査
    4.2006年12月、二度目の調査

    科学研究助成金基盤研究(B)に採択される

     2005年にNHKの依頼で後藤アクアティックスの五島さんが心血を注いで開発した深海HDビデオカメラ撮影システムは、素晴らしい映像を撮ることが出来るものの、総重量200㎏を超えて特殊なウインチ等を装備する調査船が不可欠となった。そのため浦環教授の研究航海であるJAMSTECの調査船「なつしま」を利用させてもらったが、これでは調査時期や海域など制約があり、独自の機動性が大きく削がれることになった。
     2005年に科学研究助成金の基盤研究(B)に「中深層性大型頭足類の分類ならびに生態、潜在生物量に関する基礎的研究」のタイトルで申請していた3年計画のプロジェクトが採択され、申請額全額とはいかないが2006年から研究助成金を受け取ることが決まった。この研究費を基に、2005年にソニーから市販された「いっきに手のひらサイズ」の小型HDビデオカメラ(HDR-HC3)を組み込んだ深海撮影システムを製作することを考えた。撮影システムを小型化すれば、磯部さんの第八興勇丸で自分なりの調査が出来る。

    ac8970e09e2b19d19af8e3ec256777920967aa61
    ソニーから市販されたHD小型ビデオカメラ(カタログより抜粋)
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。