• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

窪寺博士のダイオウイカ研究記-その17

2018-11-02 16:04
    89a4532c326a89e99a3468f94ea991b7e0d418c9

    [本号の目次]
    1.NHK撮影班の奮闘
    2.深海HDビデオカメラ撮影システムが捉えたもの
    3.ヒロビレイカ論文の推敲
    4.我々の映像が語ること
    5.ヒロビレイカの論文発表

    NHK撮影班の奮闘

     結局「なつしま」の8時間に及ぶ深海の映像記録から、ダイオウイカは発見することができなかった。しかし、今までに見たことも撮影されたこともないような大型のイカが、大きな鰭を悠然と波打たせてカメラの前を自由自在に泳ぎまわる映像が何度かにわたり捉えられていた。

    d85b3071ed2d8b724dcf4ef9574a7c530cd5d9e0
    餌のスルメイカをめざして突進する
    2f605d7f93b27cf4fb054795fae316a653bd11f5
    仕掛けのクリップに突っ込む
    1f02b11118ad4fb617335cdf35ffacd2c1f128f5
    そのまま前進して向きを変える
    1431b39d2da8e2ca272b0a1d89c15fc109ddfe36
    反転して鰭をたたみ、後ろ向きに高速で去る

     「なんのイカだ?」 最初に見たときは鰭が三角形で大きいことからソデイカかと思われた。が、さらに映像をよく見ると、腕の先が一瞬光っていることに気が付いた。そうだ、マッコウクジラの胃内容物の調査でしばしば見つかったヒロビレイカに間違いない。あの光は第2腕の先端にある大きな発光器が光っているのだ。これこそ世界で初めて深海でヒロビレイカの生時の姿を捉えた貴重な生態映像になる。しかし、論文として纏めるためにはより多くの行動様式を撮影した映像が必要であった。
     調査期間を終えた「なつしま」が我々を乗せて帰路に就いた9月15日以降、NHK撮影班の小山ディレクターと河野カメラマンは父島に残った。小笠原水産センターの調査船「興洋」の五ノ井船長と大型漁船「勇大丸」の平山船頭を拝み倒して、引き続き10月1日から7日にかけて小笠原父島南東海域で、ダイオウイカを撮影するため「なつしま」から引き揚げた深海HDビデオ撮影システムを両船で各々16回と2回、深海へ降ろしたのである。生きているダイオウイカの映像を、この機会にどうしても手に入れたかったのだ。
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。