• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

窪寺博士のダイオウイカ研究記-その19
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

窪寺博士のダイオウイカ研究記-その19

2018-12-20 16:42
    58bda9adae4c301cc536b342202528aa2c69918e

    1.ダイオウイカ釣獲騒動記
    2.ダイオウイカが釣れちまった
    3.引揚げたダイオウイカ
    4.このダイオウイカから分かったこと

    ダイオウイカ釣獲騒動記

     調査初日の12月4日、昼少し前、何時ものように磯部さんの第八興勇丸に乗り込み沖に出ていた。

    「おーい、磯部さん。なんか変なものが付いているよ。サメかな?」

     空は明るいものの昨日の強風で大きなうねりが残る荒れた海。我々は、小笠原弟島北東約15マイルの沖合で調査用の縦縄を引き上げていた。長い幹縄を巻き終わると、一番下の枝針に何か白っぽい大きな獲物がかかってきた。海面の反射でよく見えない。磯部さんがラインを手繰ると徐々に近寄ってきた。記録用に撮影しているビデオカメラのファインダー越しに、長い腕がうねうね動いているのが見えた。

    2327fb1125386239c3b5c8ff5fe0cb361645446c
    海面に姿をあらわしたダイオウイカ

     「あ、ダイオウイカ?」、磯部さんも「ダイオウイカだ!」と、ほぼ同時に叫んだ。

     ダイオウイカはその全身を海面に現し、うねりに揺られながら船縁に引き寄せられてきた。巨大なイカである。水深650m付近から引き上げられたというのに、まだ生きて動いている。太い漏斗から勢いよく海水を噴射して逃げようともがく。頭部は大きく、深海の闇を
    見続けた大きな眼が恨めしそうに見上げる。長く太い腕が海中で大蛇のようにのたうっている。体の背側は明るい赤紫、腹側は真っ白のツートンカラーで、生きているダイオウイカの姿は輝くばかりに美しい。

    f3fed880d0d56210a7765685fbe36982bc44df36
    船べりまで引き寄せられたダイオウイカ。アカイカを抱いている。外套膜の腹側が白い

    ダイオウイカが釣れちまった

     「ひえー、こんなところでダイオウイカが釣れちまったよ・・」

     ちょっと焦りながら、暴れまわるダイオウイカをビデオカメラに収録しつづけた。生きて
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。