• このエントリーをはてなブックマークに追加
鳴かせてみよう ホトトギス
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

鳴かせてみよう ホトトギス

2018-10-22 12:00
    今日は絞らないほうが良いケースを紹介します。

    93275d83e1c1a4516d9769dc6fca59f5c0f50c55
    牌譜

    例えばこんな肥溜めみたいな牌姿です。
    自分のアガリはほぼ見込めません。そういう時にどうしたら良いかというと――

    eb424512cf087714f95d7a7d06225d457a37b924

    下家にちょっとアシストしてみるとかですね。ただし条件があります。

    点棒フラットの時は高打点にアシストしちゃダメ!

    1人のラス率が急激に下がったらどうなるでしょうか? つまり
    誰かに高打点をツモられると、割を食って他3人のラス率がかなり上がるのです。

    a699a29f4a49c6b539a207c2ea4afa75ae019fe6

    北家の仕掛けはマンズ、ソーズの危険ゾーンが広く、字牌からの切り出し
    ターツ落としも全く無かったので、ホンイツの可能性は少ないと判断しました。

    16548f1d8fb69c173514fc152850e8bba8d4894d
    ※画像は合成です

    下家がこのような河だったとしたら―― この場合はホンイツ率が
    かなり高くなると予想できるので、敢えて鳴かせることはしないということです。

    e2a3bd236d739549312c489d8781459178db7fa6

    局消化の考え方とは違います。自分の牌姿は
    期待ポイントマイナス確定なので、被害を最小限に留めたいという考え方です。

    0aa745dda43d4c4aa61846817e69f9be56bf07d0
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    次回配信予定
    • 2019/09/22
      aa
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。