• このエントリーをはてなブックマークに追加
字牌と構想 2
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

字牌と構想 2

2019-04-12 12:00
  • 4
一萬:麻雀王国三萬:麻雀王国七萬:麻雀王国九萬:麻雀王国九萬:麻雀王国五筒:麻雀王国六筒:麻雀王国四索:麻雀王国六索:麻雀王国八索:麻雀王国發:麻雀王国發:麻雀王国中:麻雀王国 ドラ北:麻雀王国 (牌姿A)

投稿主・Mさん

基本的には發:麻雀王国を鳴いてかわしに行くべきという考え方が主流のように思います。

そして鳴いたあとは、チーできる牌は愚形部分であれば全て鳴くのか、最悪3フーロも辞さないのか、あるいは10枚面前のような形で2フーロ目は簡単に鳴かない方が良いのかなども気になります。

このくらいの形で役牌を鳴いても鳴かなくてもほぼ大差がないなら、特に天鳳なら鳴かない方が有利な気がしますので、鳴いた方が局収支や半荘収支が良くなるといったデータは実際存在するものなのでしょうか?


(牌姿A)發:麻雀王国を仕掛けたほうが若干有利でしょうね。

一萬:麻雀王国三萬:麻雀王国七萬:麻雀王国九萬:麻雀王国九萬:麻雀王国四筒:麻雀王国六筒:麻雀王国四索:麻雀王国六索:麻雀王国八索:麻雀王国發:麻雀王国發:麻雀王国中:麻雀王国 ドラ北:麻雀王国 (牌姿B)

こうなるとちょっと仕掛けづらくなりますね。それでもこの手材料で
發:麻雀王国をスルーしても良いことはなさそうですので、仕掛けたほうが良いかもしれません。

ちなみに僕なら(牌姿A)は、1列目は仕掛けて打七萬:麻雀王国
両面部分はフォローせず、カンチャン部分はフォローするかもしれません。

そし
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

次回配信予定
  • 2019/11/19
    【Mリーグ】雷電のオーラス
  • 2019/11/22
    第14章 逮捕
×
テーマとして取り上げていただき、ありがとうございました。

役牌トイツはほとんどのケースで1鳴きが有利、なんておっしゃる人もいますし、鳴いたあとの対応力も含めて考え方は千差万別ですよね。

自分なりに思考を整理することもできましたし、大変参考になりました^_^。

最後に一つだけお聞きしたいのですが、牌姿Aで発ポン打7mとしたあと。上家からすぐにシャンテンの進む牌が出た場合は、カンチャン、リャンメン、リャンカンの部分がありますが全て鳴きますか?。
7ヶ月前
×
発をポンするに値する場況で、他家に特に不穏な動きはないものとしてください。
7ヶ月前
userPhoto
木原 浩一
×
いつもありがとうございます。

基本的に全て鳴く方針で良いと思います。両面が4-7pなら、それほど強い両面というわけではないですから。
7ヶ月前
×
なるほどです。全鳴きは少し意外な回答でしたが、確かにリャンメンと言っても色々ありますよね。

そう考えるとリーチに遠い役牌トイツ手は、鳴くにせよ鳴かぬにせよ、割と苦渋の手だなぁと再認識しました(笑)。
7ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。