• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンネルと同時入会でプレミアムが初月無料!(0円)

【Mリーグ】読みが冴える対リーチ押し引き判断
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【Mリーグ】読みが冴える対リーチ押し引き判断

2021-05-15 12:00
    3dfa5ca64bfffeeca42f4a810e4e57d9c21efa0f

    南3局、僅差で2着目の岡田プロは
    配牌でチートイツイーシャンテン。六筒:麻雀王国から切り出します。

    2db8e4c4661b64698936615a459a180b8fb88f82

    5巡目にドラ七索:麻雀王国を重ねてリーチ。
    リーチの判断自体は何も悪くありません。ただ――

    42a4b730949c363ca4688e47a3c7bc9c22016633

    園田プロがリーチ一発目に
    選んだ牌は、2枚切れの東:麻雀王国ではなく三筒:麻雀王国でした。

    東:麻雀王国はリーチ直前に打たれた牌。岡田プロのリーチが
    チートイツである可能性を完全に意識している選択だと思います。

    e1e12e68b872fde8c89ec39c47f31aa4cf5f7915

    滝沢プロの選択。トップ目でしたが
    愚形×2のイーシャンテンから無筋を勝負していますね。

    滝沢プロもまた、岡田プロがチートイツである
    可能性を強く意識、ということでここは現物を簡単に抜かず

    ワンチャンスでもあり、単騎には
    当たりにくい、四索:麻雀王国を勝負したのだと思います。


    九筒:麻雀王国一筒:麻雀王国八萬:麻雀王国六筒:麻雀王国白横:麻雀王国

    岡田プロが初打九筒:麻雀王国から打ち出し
    このような捨て牌でリーチだった場合は

    園田プロも滝沢プロも、対応が全く違っていた可能性はありますね。

    22827428be895444b7ce122cfb725a1e1448338b

    最終的には海底で無筋を三萬:麻雀王国勝負されテンパイを取られてしまいます。

    対戦相手の傾向を知ることも大事

    基本的にチート
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    次回配信予定
    • 2021/06/17
      丁寧とは
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。