• このエントリーをはてなブックマークに追加
【Mリーグ】繊細で得したプレイヤーと鈍感で損したプレイヤー
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【Mリーグ】繊細で得したプレイヤーと鈍感で損したプレイヤー

2022-01-12 14:16


    本日は天鳳名人戦第4節!

    78c285339fcbdc2aa9452fa53ecdf610d99b44eb

    B卓 zoo1964×太くないお×福地誠×木原浩一

    競技麻雀の試合が週に何度もあるっていいね!(・∀・)イイネ!!


    f6ce0449513e40d8ecc28dc49bd36eeaaef2bb39

    白鳥選手の手番です。何を切りますか?

    352a675144f2b8f6342d35c5ab5db50e9d9758a5

    白鳥選手は七索:麻雀王国が2枚切れとはいえ
    ターツ不足の手牌からカンチャンに手をかけます。

    dbe40280edc7e8c7a150655d9d571fb287817f7a

    この選択の起因となったのは茅森選手の切り順。
    オタ風→二萬:麻雀王国と切り出し、七索:麻雀王国のトイツ落としでした。

    茅森選手は速度感のあるメンツ手、あるいは
    手役狙いだとしたらピンズと予想して対応したわけですね。

    白鳥選手の繊細さが光る選択だと思います。

    efc1964f002ce0fa0a9a42a18eb57994a54c85c0

    茅森選手はここから打七索:麻雀王国でした。

    現在イーシャンテン。門前リーチでも
    ハネマンクラスを狙えるので微妙な選択ですが

    おそらく南:麻雀王国は重ねたいのではなく
    狙いはチンイツ一本、安全度で残したのだと思います。

    d4da78647ff71c9467cda3cc21746feda8b2ba65

    繊細さが白鳥選手のストロングポイントなら
    大胆さが茅森選手のストロングポイントでしょう。

    朝倉選手からリーチが入ってる中
    本田選手から打たれた六筒:麻雀王国をポンテンに取ら
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    次回配信予定
    • 2022/05/22
      牌譜添削 危険牌浮きのイーシャンテン他
    • 2022/05/27
      慣れとは本当に恐ろしいものである
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。