• このエントリーをはてなブックマークに追加
「負けたことがある」というのがいつか――
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「負けたことがある」というのがいつか――

2022-08-14 12:00
  • 2
9fe0ec039c6b94d94d7c8a76bf76cecd55ebd50c

今日はB1リーグ第6節です。
前節、競技麻雀の心構え という記事を再掲した――

にもかかわらずだ

過去最高クラスに負け、放心しながら帰ってきました。

今度こそ! ・・・と意気込むのは止め
冷静に、リラックスして打ってきたいと思います。

「負けたことがある」というのがいつか大きな財産になる

いや、なってないんだが???

が、頑張るマス!



2b5f7775474112405f18295bf28430d0030b66d9

オーラスはこの点数状況。

この程度の手牌なら、3着目の親に
チーされた後は絞る方針のほうが良さそうです。

231c015575e8da7f324c009a165f0c80e1ce7cfc

急所は鳴かせず、しっかりガードできたと
思ったのですが、親にしぶとく連荘されてしまいます。

7af088854902c1c75c2e28e36817619efbe3fcae

次の局も手牌がダメすぎて絞ることに。
さて、ここで繰り出す一手とは?

 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

次回配信予定
  • 2022/10/08
    もしも麻雀が打てなくなったらどうするか?
  • 2022/10/31
    天鳳の十段
コメント コメントを書く

どうしてもあがられたくない下の仕掛けにガン絞りしてたら他家の立直に受からなくなった……身に覚えがよくあります。
絞りを諦めて安牌を持つべき状況というテーマの記事も読んでみたいですね。

No.1 1ヶ月前
userPhoto 木原 浩一(著者)

いつもありがとうございます

明らかに絞ったほうが良い局面で、絞りを諦めたほうが良い局面はあまりないと思います。どちらかといえば他家のリーチに手詰まりする可能性を諦める ですかね?

No.2 1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。