• このエントリーをはてなブックマークに追加
熱量の差
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

熱量の差

2024-04-14 12:00
  • 2
※今日の記事は過去記事再掲です

個人戦なら○○だけど、チーム戦だと××だよね

という解説に違和感を感じます。

選手は常に勝利条件を満たすために戦うもの

累積したポイントは自分が積み重ねたポイントだろうと、他人が作ったポイントだろうと全く関係なく

与えられた素材、置かれている状況の中で、勝利条件を満たす最適解を捻りだすのが選手の仕事でしょう。

1b4fc7c9e7f5ddee1a57c7bf63858148c8395954
※2022年4月4日第1試合終了時

残り5試合、サクラナイツはほぼ負けなしです。
ABAMASも相当有利なポイント状況といえますね。

麻雀格闘倶楽部、
パイレーツ
フェニックスは、1着順差でも変わり得るポイント差


そして風林火山だけは他のチームと少し違う。
ラス即敗退のリスクが現実的にあるポイントでした。

7ce86d810e8ab5583202cd35d9bba59b527c1fbe

オーラス、勝又選手にチャンス手のテンパイが入る。

2着の朝倉選手と13700点差で
マンガン直撃、ハネマンツモ条件で2着まで

1着の日向選手と18000点差で
倍満ツモでトップといった
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

次回配信予定
  • 2024/06/03
    本当にそれは関連牌??
コメント コメントを書く

2年前の過去記事?に言うのも何ですが、今見るとこれはさすがに色眼鏡かけて無理矢理対比を捻りだした感がありますね。
「執念のアガリ?そうだろうか?」って前フリしといて「熱量の違いを感じずにはいられない」って結局大差ない表現で〆る構成もよくわからないし…(初めから「これこれこういう内容から執念が伺えますね」的な話でまとめてよくない?)
ついでに言うと「勝又選手は長考した」とわざわざ書くなら「亜樹選手は特に悩むこともなく選択していましたが」みたいな客観描写もどっかに入れといた方が主題を伝える上では効果的かなぁと思いました。

見比べると、最新の方の熱量記事はまるで別人のようにフラットに落ち着いてて見苦しさがない。
大体似たような結論でも書き方・内容でこんなに変わるもんなのかと正直驚きました。

No.1 1ヶ月前
userPhoto 木原 浩一(著者)

iいつもありがとうございます

確かに「執念」の下りは蛇足だったし、構成もイマイチでしたね。当時はきっと、戦術記事なのに読み物っぽい脚色もしたかったんでしょうね・・・・

ただ、麻雀の対比はフラットな視点で見ても色濃く出ていると思いますがどうでしょう?

No.2 1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするにはログインして下さい。