• このエントリーをはてなブックマークに追加
1月18日の十段坂 前半
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

1月18日の十段坂 前半

2014-02-23 13:00
  • 2

0356794d93dc64e74959f00128f376791e80e61f

2m
2枚切れ、パッと1mを選んだのだがこの選択は面白くなかった。
本命はあくまで5pくっつきの345だ。3sくっつきは4s以外全く嬉しくない。

まだ東2局、打点は狙いたい。
だったっら受けは狭くも打
3sとして一通の目も残したほうがいいのではないだろうか?

02583e1fa4c03b4ad3a793e4c795634b18ed9e5b

イエス!結局はこれはテンパイすらすることなく横移動。

嫌な感じだ。しかしそれは過去の出来事。
勘違いしないで欲しい。これから嫌なことが起こる確率が上がっている訳ではない。

0801cacdd562b553cce090bc1a483745059f5bdf

本命は東バック、対抗にタンヤオ。2mから仕掛けた。

649ba9d4c89de469adce0eb68a0dc7d34ffe0c4c

このpツモ切ったのも6sくっつきで対抗の目を残すため。

65a0cdf40f15b292275d0baee31df8cb20f1fa14

そして大穴がトイトイだ。
mが出たら当然のポン。

和了り確率は出和了りの効くドラカンチャン待ちよりもフリテン
3面の方が上。
元々防御には
厳しい牌姿なので、和了り確率を上げることによって放銃を防ぐ。

ついでに打点アップ。こう考えるとメリットの方が圧倒的に上回りませんかね?

c5220af49254dd67e0204b8ff5daad8ebc2d20be

時にリー

この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
いつも勉強させて頂いてますorz
20戦目の南2局テンパイ時に親リー相手に6mプッシュしたのは5pが良さそうに見えるからでしょうか?
それとも北家の5順目3mにラグが無かったなどの理由で6mが安全に見えたからでしょうか?
67ヶ月前
userPhoto
木原 浩一
×
いつもありがとうございます。

ホントですね。おそらく打ってる時はすごく和了れそうな気がしたのでしょうね。
改めてみると微妙です・・・
67ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。