• このエントリーをはてなブックマークに追加
九段坂奮闘記・286~289戦目
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

九段坂奮闘記・286~289戦目

2015-08-22 12:00

    本日はプロ協会Aリーグ第9節。対戦相手は・・・わかりません(><)

    67669ae61c6c1d484e7a4bd179e785a6fb937ee5

    昨日「焦りは禁物」みたいな話をしました。この点差で
    迎えた南場ラス目の親番、3着目が役牌を仕掛けているとあらば、心理的に焦ったとしても当然のことです。

    b26189a0b5ea3178f232c0566ff122c53d29021e

    手役の偶然に打点アップを期待するか?(牌図A)
    リーチをかけてツモや裏ドラの偶然に打点アップを期待するか?

    非常に悩ましいところですが、
    この牌姿であれば現状ソーズ全てが有効牌、仮に仕掛けたとしても、3着目をギリギリかわせる打点があるというところがポイント高い。

    e8c55fdf299c7d6f0557c6cff5ae2ae159fd252b

    安く連荘したとしても、何度も親番でチャンスがあると思わないことです。
    ↑の例のように、鳳凰卓ではラス目に対して相当厳しく打たれることが予想されます。

    24799dad8b1fd8dec8a09b012b783f1ab5905bea

    牌姿にもよりますが(牌図A)程度に仕上がりそうであれば一発狙いましょう!

    速度を犠牲にする気持ちで打てば自ずと打点は上がります。それに親番を安く流されたからといって、この世の終わり――と

    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    次回配信予定
    • 2019/09/18
      第8章
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。