• このエントリーをはてなブックマークに追加
九段坂奮闘記・294~297戦目
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

九段坂奮闘記・294~297戦目

2015-08-26 12:00
  • 5

本日はマーチャオ下北沢店、最高位戦ルールのノーレートです!

6faa76181f2f59c1717a17f9d8bc4c078e980911

ここでの選択判断の基準は打点です。
ペン3mリーチでも満足であれば打m、満足
でなければ打m

この場合はドラ×2ですので打6m、ドラ1だとペンチャンを外します。

050e29743796b22b6a3fd8256b2a583f4ec731ca

うおっ!

0d92abc003fa0bc575e58f8a142852b485554623

あまりの好ツモに喜び勇んで速攻でペンチャンを外してしまったのですが、1mが2人に安全牌、もう1人が3m6mの切り順です。対する5pは――(牌図A)

04f2ef2201c22d4398a49f663cccc3d476a5a44f

3人に対して無筋でした。受け入れが3面張+両面と手広く
5pを持っていても打点が上がらないとあらば
(牌図A)で先切りが良かったですね。

マニュアルは勝負手目一杯です。アドリブは時と場合によるということ。

受け入れを狭くするに値する明確な理由があるならば
アドリブに頼っても良いでしょう。この場合は――

「受け入れ広し」「5pが3人無筋」「1mは3人に安全度が高い」「打点アップ無し」

これなら5pを先切りするに値する十分な理由です。

打牌選

この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

次回配信予定
  • 2019/09/19
    特南の歩き方 牌譜添削version
×
このトップ率、平均順位で、なぜにptが減るんですかね……木原さんが普段されている収支戦だったら、大金持ちになっていますね?
49ヶ月前
userPhoto
木原 浩一
×
いつもありがとうございます

もし収支戦だったら相手の戦略も変わってくるので、こうはうまくトップは取れないかもしれませんね~
49ヶ月前
×
一番最初のリーチ判断なのですがペン3mでリーチ上等な時1m2mが重なった時平和になるよう僕は6p切っちゃうんですがダメでしょうか……
豆特民がすんません…
49ヶ月前
userPhoto
木原 浩一
×
いつもありがとうございます。

打6pのメリットは1m2mの重なり時の完全イーシャンテンへの変化ですね。打6mのメリットは1p5p7pなどのピンズの横伸びです。加えてペン3m待ちになった時の待ちの強さ、リーチ宣言牌が6m時とリーチ宣言牌以前に6mが置かれている状況では3m待ちの強さが違ってきます。

双方のメリットを比較すると、打6mのほうが上回ると判断しましたがいかがでしょう?

49ヶ月前
×
>>4
待ちの強さも考えての打6mなのですね。
丁寧な返信ありがとうございます!!
49ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。