• このエントリーをはてなブックマークに追加
九段坂奮闘記・306~310戦目
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

九段坂奮闘記・306~310戦目

2015-08-30 12:00

    085397cd339054e56f0c856081fc0f6d9bdfb9bc

    ここでチートイツに決め打つと打sですが、この形ではまだ決め打ちません(牌図A)

    五萬:麻雀王国五萬:麻雀王国七萬:麻雀王国七萬:麻雀王国一筒:麻雀王国五筒赤:麻雀王国五筒:麻雀王国九筒:麻雀王国九筒:麻雀王国二索:麻雀王国二索:麻雀王国四索:麻雀王国九索:麻雀王国發:麻雀王国

    この牌姿ならチートイツに決め打ってもよいでしょう。
    また
    (牌図A)がもう7巡目ならば、決め打ったほうが良いかもしれません。

    序盤に複合トイツや両面ターツが2つ以上ある場合、チートイツに決め打たない

    7dee9f606d35ae738789a7a4269a0a99cc78812a

    (牌図A)からどんな牌を残したとしてもテンパイ確率は同じです。
    1p4s9sも重なる可能性は同じということです。

    残した孤立牌(3牌)が重なる可能性と、7m8m5p9p2s の内の
    どれか1つが暗刻になる可能性も同じです。これは数を数えてみればわかるでしょう。

    ということは―― 巡目が浅ければ浅いほど、
    特に両面ターツが複数ある場合は
    何らかの天秤にかけたほうが良いということになりますね。

    決め打っていたら9sを重ねてテンパイ取れてたじゃないか――
    というあなた!どんな牌を残したとしてもテンパイ確率は同じと言ってるでしょ?

    中盤以

    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。