• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

週刊金融日記 第413号 多くの識者や専門家が新コロ禍を過小評価した理由と反中国イデオロギーの人たちが正しく予想できた理由、ニューヨークはあと数日で医療崩壊か、政府要請によりレストラン紹介コーナーは休止、日本の感染の爆発的増加と終息の時期について、他
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

週刊金融日記 第413号 多くの識者や専門家が新コロ禍を過小評価した理由と反中国イデオロギーの人たちが正しく予想できた理由、ニューヨークはあと数日で医療崩壊か、政府要請によりレストラン紹介コーナーは休止、日本の感染の爆発的増加と終息の時期について、他

2020-03-31 07:20
    // 週刊金融日記
    // 2020年3月31日 第413号
    // 多くの識者や専門家が新コロ禍を過小評価した理由と反中国イデオロギーの人たちが正しく予想できた理由
    // ニューヨークはあと数日で医療崩壊か
    // 政府要請によりレストラン紹介コーナーは休止
    // 日本の感染の爆発的増加と終息の時期について
    // 他

     こんにちは。藤沢数希です。
     恐ろしいスピードで状況が刻一刻と変わっていますが、新コロ問題ではひとつだけ変わらないことがあります。それは状況が一方的に悪くなっているということです。
     前号の冒頭にちょっとまとめましたが、僕は最初期の頃から新コロの情報は追い続けています。いま思えば運命的なものでしたが、僕は1月下旬に香港のディズニーランドに行く予定だったのですが、直前に香港政府が閉鎖してしまい、行き先をマカオに変えました。フェリー乗り場には誰もいなくて、ゲートでは一人ひとりが検温
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。