• このエントリーをはてなブックマークに追加
今週は「戦艦大和沖縄『特攻』」です。|久野潤チャンネルブロマガ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

今週は「戦艦大和沖縄『特攻』」です。|久野潤チャンネルブロマガ

2017-04-14 18:36


    久野
    です。


    戦艦大和の命日である4月7日は、
    本年も奈良県天理市の大和(おおやまと)神社での
    第二艦隊戦没者慰霊祭に参列しました。

    39cb6826e97608ff7f51b8f85601c50cc282065f

    b7eef3e63365d5263a59ccd2a820fd4ed3df5081

    小学生の頃に初めて作った軍艦プラモデルが
    (先月竣工した護衛艦「かが」に艦名が引き継がれた)
    空母「加賀」、そして次に「大和」です。

    軍艦プラモデルの説明書って、作り方だけではなくて、
    艦歴についてもけっこう詳しく書かれているんですよね。
    それを見ながら私は

    「昭和20年4月に沈没ってことは終戦のたった4ヶ月前やないか、
    うまくやり過ごしたら『三笠』みたいな記念艦として
    今も残ってたかもしれへんのに…」

    と残念な気持ちになりました。
    小学校4年生の時に読んだ伊藤正徳『連合艦隊の最期』でも、
    同様の思いが書かれていました。

    しかし、それは結局できなかったのです。
    おそらくは日本人として、
    「建国以来2600年外国に侵入させなかった民族の末裔」
    としてできなかったのでしょう。

    今の日本人が見れば、もしかすると理解できない理由かもしれません。
    しかし、指導者特定個人の自己満足や
    保身のためだけに「大和」を出撃させたわけではなかろう
    ――そういう感覚をもちさえすれば、
    「大和」出撃についていろいろなことが見えてきます。

    結果を踏まえた反省をし、
    後世に教訓を得るのは当然、大事なことです。
    戦艦大和の沖縄への出撃は当然、戦略的に問題もあったでしょう。

    cf915c6aa3976a7355d0c22e94107ef32b274525

    414bf8cc79cdf261eec99c7673e42448c08e740e

    しかし同時に、国家を背負い、歴史を担った先人たちを
    信じる心ももたなければなりません。
    その「信じる心」を崩壊させ、命がけで祖国をまもった
    先人たちへの敬意と感謝を消し去ろうとしているのが、

    まさに“南京大虐殺”“従軍慰安婦”問題ではありませんか。
    戦後の日本人はいつしか、
    「先輩たちの重大な決断には、何か理由があるはず」
    という当たり前のことをどこかに
    置き忘れてしまったのではないでしょうか。

    今週の【久野潤チャンネル】ではそういう視点を踏まえて、
    しかし情緒的に走ることなく歴史の大きな流れをベースに
    戦艦大和沖縄特攻を「日本海軍の実力」
    シリーズ第4弾としてお届けします。ぜひご覧下さい!

    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    |久野潤チャンネルブロマガ
    更新頻度: 不定期
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥880 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。