• このエントリーをはてなブックマークに追加
「恐怖の産物」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「恐怖の産物」

2020-03-16 07:00

     70年代、小学生だったぼくは核戦争で人類が滅亡するような映画ばかり見ていた。
    「猿の惑星」
    「博士の異常な愛情」
     米ソが水爆実験を繰り返し、核のボタンに手を置いたまま睨み合っている時代だった。町の上空を昼夜問わず米軍の戦闘機が爆音とともに飛んでいく。映画の中の核戦争と人類滅亡という結末は当時のぼくにとって自分の高校進学よりもリアリティのある未来だった。

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。