• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

【第247号】スティーブン・キング映画(とテレビ)に出てくるメガネ野郎の系譜(前編)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【第247号】スティーブン・キング映画(とテレビ)に出てくるメガネ野郎の系譜(前編)

2019-11-13 07:00
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    マクガイヤーチャンネル 第247号 2019/11/13
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    おはようございます。マクガイヤーです。

    前回の放送「最近のマクガイヤー 2019年11月号」は如何だったでしょうか?

    『ターミネーター ニュー・フェイト』『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』『ひとよ』と、最近観た映画について一通り話すことができ、満足しております。

    「富野由悠季の世界」展については、どこかでブロマガにまとめた方が良いかもしれませんね。




    マクガイヤーチャンネルの今後の放送予定は以下のようになっております。



    ○11月24日(日)19時~「引退間近!本当はスゴイ獣神サンダー・ライガー~新日本プロレスJr.ヘビー級の歴史~」

    獣神サンダー・ライガーが引退する2020年1月が刻々と迫ってきました。

    近年はバラエティ番組でオモシロおじさんとして人気者の獣神サンダー・ライガーですが、54歳にして肉体を維持してリングに立ち続ける、本当にスゴイおじさんなんです! そしてオモシロおじさんとしての側面も、バラエティ番組を見ているだけの人には「そんなもんじゃない!」と伝えたい! これを見れば、きっとあなたも親しみを込めて“ライガーさん”と呼びたくなること間違いなしです! 一緒に来年の引退試合でライガーさんを応援しましょう。

    ゲストとして声優の那瀬ひとみさん(https://twitter.com/nase1204)、現役医師で作家の景山Q一郎さん(https://twitter.com/q1projectq)をお迎えしてお送り致します。



    ○12月1日(日)19時~「『アナと雪の女王』とディズニープリンセスの自立」

    11月22日に『アナと雪の女王2』が公開されます。2013年に大ヒットした『アナと雪の女王』の続編です。

    続編を作らないと思われてきたウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオですが、本作は『アナと雪の女王』の全うな続編といわれています。同じく続編だった『シュガー・ラッシュ:オンライン』がファンに奉仕するよりも時代と作り手のテーマを反映した力作だったこと、大ヒットした『アナと雪の女王』が、実はすっきりした話ではなかったことなどを考えると、わざわざ『2』と銘打つ本作が、安易な続編でないことは想像に難くないです。

    そこで、前作『アナと雪の女王』と『2』を解説するニコ生を行います。おそらく二本で一つの作品として語ることになると思います。ご期待下さい。

    ゲストとして声優の那瀬ひとみさん(https://twitter.com/nase1204)をお迎えしてお送り致します。



    ○12月22日(日)19時~「Dr.マクガイヤーのオタ忘年会スターウォーズ2019」

    例年お楽しみ頂いている「オタ忘年会」。

    2019年に語り残したオタク的トピックスやアイテムについて独断と偏見で語りまくる予定ですが、今年はほとんどの時間を割いて、サーガの完結作となるEPIXが公開される『スター・ウォーズ』について語ることになると思います。

    ゲストとして編集者のしまさん(https://twitter.com/shimashima90pun)をお迎えしてお送り致します。


    ちなみに過去の忘年会動画はこちらになります。

    2018年

    2017年

    2016年

    2015年

    2014年

    2013年



    ○藤子不二雄Ⓐ作品評論・解説本の通販しています

    当ブロマガの連載をまとめた藤子不二雄Ⓐ作品評論・解説本『本当はFより面白い藤子不二雄Ⓐの話~~童貞と変身と文学青年~~』の通販をしております。

    https://macgyer.base.shop/items/19751109



    ○『やれたかも委員会』に取材協力しました。

    『やれたかも委員会』(https://note.mu/yoshidatakashi3/n/na63c34ee5adc)の「童貞からの長い手紙」に取材協力しました。単行本1巻分のエピソードになるそうです。

    ちなみに基になったお話はこちら

    https://ch.nicovideo.jp/macgyer/blomaga/ar1011063





    さて、今回のブロマガですが、『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』公開に合わせて、スティーブン・キング映画に出てくるメガネ野郎について書かせて下さい。



    『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』と『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』


    11/1より映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』が公開されています。先週金曜日には前作にあたる『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』が金曜ロードショーで放送されましたね。地上波での洋画の放送が減っている現在、新作の公開に合わせて旧作がプライムタイムに放映されること、しかもジブリ映画や細田守監督映画、コナンやルパンの映画やスペシャルと、邦画アニメばかり放送する金曜ロードショーで放映されるということは、スターウォーズ・シリーズやMCU作品と同クラスの評価や人気や期待を得ているということでしょう。『IT』は、ジャンルとしては地上波が敬遠する洋画のホラー映画であるにも関わらず、この扱いは特筆すべきことです。


    そんな人気作の後編にあたる『IT/イット THE END』ですが、いや面白かったですね! 27年前は子供だった登場人物たちが肉体的には大人になっているのですが、精神的には大人になれていないわけです。ちゃんとした「オトナ」にはなるためには、各自が抱えるなにかと対峙し、決着をつけなければならず、その「なにか」――「それ」と呼んでも良いですが――の象徴が恐怖のピエロであるペニー・ワイズであるという点が秀逸です。キング作品の多くが故郷であるメイン州の架空の町――田舎を舞台にし、キングの個人的な思い出や、同世代でなければ親しみの無い風俗・音楽・テレビ番組が頻出します。にも関わらず世界中で読まれ、絶えず映画化されるのは、世界中の人間にとって普遍的なノスタルジーと成長物語があるからなのでしょう。

    そんな真面目なテーマを持つ本作ですが、恐怖を越えて思わず笑ってしまうシーンが多いのも魅力の一つです。特に前作のヒットで予算が増えた『IT/イット THE END』は、怖がるべきか笑ってしまうべきかとまどってしまうシーンがいっぱいで最高でしたね!



    ●『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』のリッチー


    中でも、観た後強烈に印象に残るのは、なんといってもビル・ヘイダー演じるリッチーです。


    や、前作『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』で、『ストレンジャー・シングス』で有名になったフィン・ヴォルフハルトが演じた子供リッチーも良かったんですよ。

    ルーザーズクラブの面々は、兄弟への負い目、肥満や潔癖症や喘息、親からの過干渉や虐待、吃音や宗教といった分かりやすい弱点やコンプレックス――「それ」への恐怖を持っています。そのうち幾つかはキング作品に良く出てくる要素でもあり、オトナになるために決着をつけなくてはならない「それ」であるわけです。

    しかし映画の前半では、リッチーだけは分かりやすい恐怖を持っていないようにみえます。リッチーはいつもひどい軽口を叩きまくるのですが、これは他人をよく観察し、他の子供たちよりも客観的で恐怖に対処しているということを意味しているかのようです。つまり、一人だけ大人びた部分を持っているようにみえるのです。ルーザーズクラブの皆で集まって相談する時も、リッチーだけペニー・ワイズに象徴される「それ」との遭遇経験が無いことも分かります。

    やがてリッチーはピエロ恐怖症であることが分かるのですが、本作ではピエロであるペニー・ワイズが恐怖の象徴であることを考えると、この恐怖症はメタ的に思えます。作劇として、何かを隠しているかのように思えるのです。

    そのように考えると、矢継ぎ早に放たれる辛らつなジョークは、まるでリッチーの内面を何かから守っているかのようにも思えてきます。繊細で傷つきやすい心を辛い人生からジョークで守る男――デッドプールやリリー・フランキーが是枝作品で演じるおっさんでお馴染みのキャラクターの系譜に属しているかのようにみえるのです。



    ●『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』のリッチー


    『IT/イット THE END』では、リッチーの隠された恐怖の秘密が明かされます。





    以下ネタバレですが、ネタバレをみてから映画を観ても面白いですよ。

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。