• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

マクガイヤーチャンネル 第43号 【虚無僧で繋がる『怪獣使いと少年』と『さや侍』】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

マクガイヤーチャンネル 第43号 【虚無僧で繋がる『怪獣使いと少年』と『さや侍』】

2015-11-30 07:00

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    マクガイヤーチャンネル 第43号 2015/11/30
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    こんにちは。マクガイヤーです。

    いやー、『007 スペクター』期待を裏切らない面白さでしたね。

    この先も『グリーン・インフェルノ』『フォースの覚醒』『ブリッジ・オブ・スパイ』と楽しみな映画が続きます。ウザい年末仕事もなんとかこなす気力が沸いてくるというものですね。


    タクジさんとお送りした前回の放送「切り絵とウルトラ怪獣の夕べ」は如何だったでしょうか?

    アートディレクターの青木克憲さんにカミロボの安居智博さんという豪華ゲストをお向かえして計四人でお送りしましたが、切り絵とウルトラ怪獣の魅力について語りまくりました。特に、最後の怪獣大喜利は大盛り上がりでしたね! 充実の一回になったと思います。


    タクジさんの展覧会は12/13まで勝どきの@btfにて開催中です。

    展示会詳細 : 「切りグラフ ふせんで作るウルトラマン&ウルトラ怪獣」発刊記念展

    皆も行ってみるといいよ!



    今後の放送予定ですが、以下のようになっております。



    ○12/5(土)20時~

    「ニコ生マクガイヤーゼミ 今だから復習したい『007 スカイフォール』とサム・メンデス」

    12/4(土)より『007』シリーズ最新作『007 スペクター』が公開されます。

    そこで、前作『007 スカイフォール』と両作の監督であるサム・メンデスについて解説する予定です。

    是非とも『スカイフォール』を観賞してから放送をお楽しみください。


    ○12/26(土)20時~

    「Dr.マクガイヤーのオタ忘年会2015」

    例年お楽しみ頂いている「オタ忘年会」。2015年のオタク的トピックスやアイテムについて独断と偏見で語りまくる予定です。

    とりあえず、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』については絶対に触れる予定です。


    ○1/9(土)20時~

    「ニコ生マクガイヤーゼミ 今だから復習したい『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』とスピルバーグ」

    1/8(土)より久しぶりのスティーヴン・スビルバーグ監督作『ブリッジ・オブ・スパイ』が公開されます。

    手塚治虫漫画が白手塚と黒手塚に分けられるように、スピルバーグ監督作品も白バーグと黒バーグに分けられます。白バーグと黒バーグ両方の要素を併せ持つ『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』を観て、『ブリッジ・オブ・スパイ』に備えようという企画です。

    是非とも『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』を観賞してから放送をお楽しみください。



    以上、ご期待ください。




    さて、今回のブロマガですが、連載『遺言』をちょっとお休みして前回のニコ生「切り絵とウルトラ怪獣の夕べ」の裏話などさせて下さい。


    まず、タクジさんから著書『切りグラフ ふせんで作るウルトラマン&ウルトラ怪獣』の出版に合わせてニコ生をやりたいとの打診を受けまして、打ち合わせをしたわけです。


    で、タクジさんのキリグラフことふせん切り絵と、ウルトラ怪獣のデザインとしての魅力について語るような内容にしよう……となったわけです。

    この時点で、ウルトラマンやウルトラセブンといったウルトラ一族についてはガン無視です。『切りグラフ ふせんで作るウルトラマン&ウルトラ怪獣』は、一章を割いてウルトラ一族の切り方について扱っているのですが、取り扱う気は最初からありませんでした。


    何故なら、ウルトラマンよりウルトラ怪獣の方が大好きだからです。


    こう感じる人は、私だけではないでしょう。

    スーパー戦隊や仮面ライダーといった東映特撮と円谷特撮最大の違い(の一つ)はここにあります。主人公であるヒーローよりも、敵役であり悪役である怪獣の方に魅力を感じてしまうのです。

    仮面ライダーやスーパー戦隊の悪役である怪人や悪の組織の幹部たちもそれなりの魅力がありますが、ウルトラ怪獣、特に初期のウルトラ怪獣ほど何十年も生き残っているわけではありません。クモ男や黄金仮面や武者仮面たちのソフビ人形やフィギュアを探すのは苦労しますが、ベムラーやバルタン星人のそれらは今現在でもトイザらスで購入することができますし、アラフォー、アラフィフのオトナのお友達の手慰み物だけではなく、現役の幼稚園児や小学生も遊んでいるわけです。

    その理由は、当然、成田亨や池谷仙克といった初期ウルトラ怪獣デザイナーたちの才能にあります。


    勿論、ウルトラマンやウルトラセブンも成田亨によるデザインです。ただ、ウルトラ一族のデザインは、基本的にウルトラマン型(シルバー族)とウルトラセブン型(レッド族)の2種のバリエーションしかありません。ウルトラマンとウルトラセブンのデザインがあまりにも完成されすぎているため、タロウのように角を生やすか、アンドロメロスのようにアーマーを着けるくらいしかやりようが無かったのです(ここら辺、どんどんデザイン的な自由さを拡張してきた平成ライダーと、『ネクサス』『X』に至っても保守的だった平成ウルトラマンを比較すると面白そうです)。

    一方で、怪獣デザインには無限の自由があります。


    更に、打ち合わせをしていくに連れて、金城哲夫や上原正三による文藝面、実相時昭雄による映像演出面についても語らねば、という流れになりました。怪獣のデザインはドラマとシンクロしています。『帰マン』の怪獣デザインは、池谷仙克の降板後、プロデューサーの熊谷建が行いました。画家としても活動していたとはいえ、プロデューサー自らが怪獣デザインを行うというのは異例のことです。何故かというと、怪獣のイメージやデザインがある程度決まっていないと物語が作りづらく、脚本の打ち合わせをしながら怪獣のデザインをしていったからだそうです。


    そういうわけで、『Q』『マン』『セブン』『帰マン』のお話や怪獣たちについて熱く語りまくる予定だったのですが……『セブン』の怪獣や星人についてちょこっと語ったところまでで時間切れとなりました。

    まぁ、奥の深すぎる分野なので、仕方ないですよね。


    ちなみにトピックだけ書いておくと

    ・ギエロン星獣とアイロス星人:鳥怪獣の魅力

    ・ダンカンとビルガモと怪獣のキュートさ

    ・ペガ星人:池谷仙克デザインとファッションからの怪獣デザインと出渕裕怪人デザインへの影響

    ・クレージーゴンとキングジョー:ロボット怪獣の魅力と着ぐるみ造形の質感問題

    ・第四惑星人:ゴダールの影響

    ・サドラー、グドン、キングザウルスIII世:池谷による『マン』怪獣

    ・ベムスター:熊谷健デザインの最高峰

    ・キングストロンと(クプクプ)とエレドータス:怪獣と少年

    ・ナックル星人とブラックキング:テレビ特撮番組における殺人

    ・ミステラー星人:伊上勝と井上敏樹脚本

    ・ヤメタランスとササヒラーと妖怪としての怪獣

    ・ウルトラシリーズと本多猪四郎監督


    ……等々について語る予定でした。どこかで話したり、書いたりする機会もあるかと思います。怪獣大喜利が大盛り上がりしたのでよしとしましょう。

    「おれが考えたウルトラ怪獣」などもやろうかどうか迷ったのですが(打ち上げではタクジさんに「もっと早く言ってよ」などと言われましたが)、なんだか三体くらい描かないと満足できないような気がするので、これもまたの機会ということですね。



    面白かったのは、こんなにバックグラウンドが違う出演者なのに、ちょっと話題にした『帰マン』33話『怪獣使いと少年』が屈指の名エピソードであるという点について意見の一致をみたということでした。『怪獣使いと少年』は放送時に議論を巻き起こしたエピソードでしたが、作り手が力を入れた作品なら、結局のところ歴史に残るわけですね。


    で、タクジさんの「何故隊長が虚無僧の格好で登場するのか意味が分からない」という話に対し、「警察館が宇宙人を射殺しているわけだし、MATの隊長として登場すると国家権力として反省しろという話になってしまい、テーマがぼやけてしまうからでは?」――みたいな話をしました。

    その時に、頭に思い浮かびつつ、なんだか脱線しそうなので口に出さなかった話があります。


    もしかして、松本人志は『さや侍』を作るときに『怪獣使いと少年』をヒントの一つとしたのではないでしょうか。


    松本人志が特撮に一家言持っていることは有名な話です。

    『ごっつええ感じ』では『ミラクルエース』や『ゴレンジャイ』や『エキセントリック少年ボウイ』など、単なる特撮作品のパロディ以上のコントを作っていました(とんねるずが作っていた特撮コントと比較すると分かり易いです)。ラジオ『松本人志の放送室』では『バロム・1』『スペクトルマン』について話題にしていました。映画監督としての処女作『大日本人』はまるでシャマランがウルトラマンを監督したような話でした(オチのつけ方を除けば、ですが)。

    さらに、それまでテレビがタブーにしていたネタをコントに取り入れることも恐れません。

    『ごっつ』のコント『とかげのおっさん』の主人公は河原に住み、周囲から「とかげやん」と迫害されつつも少年と心を通わせ、しかしおっさんとして扱われたい主人公と、あくまでもペットのとかげとして飼いたい少年とその家族の間には越えられない壁があり、最後は完全なとかげになった主人公は少年に「気持ち悪い」と言われる……そんな話でした。この壁は「差別」という名の壁であり、おっさんは在日の爬虫類である、そういうコントでした。

    こんなコントを作った松本人志が、河原に住み、周囲から「宇宙人」と迫害され、宇宙人と少年の心の交流があり、最後に宇宙人が惨殺される――『怪獣使いと少年』を松本人志が観ていないとは考え難いし、観てなんの感慨も抱かないわけがないでしょう。


    映画監督としての松本人志の三作目『さや侍』は、鞘しか持たない侍を主人公にした時代劇、というかファンタジーです。主人公を演じるのは素人のおっさんであり、その娘も重要な役割として登場します。

    脱藩した罪で捕まるも、30日以内に母の死で笑顔を忘れた殿様の若君を笑わせることができれば無罪放免とする「30日の業」に挑戦するというお話です。当時娘が生まれた松本人志の芸人としての心境のようなもの――「自分にとって不本意な笑いでも周囲の幸せになる、しかしそれで良いのか?」が詰まった映画だと自分は思いました。

    参考リンク:さや侍のすべてはさやの中:『さや侍』


    『さや侍』は、映画の冒頭から謎の虚無僧が登場します。敵なのか味方なのか、善人なのか悪人なのか、全く分かりません。

    映画の終盤、ついに虚無僧が編笠を脱ぎ、素顔をさらします。映画において、それまで帽子やパーカーのフードで顔を隠していた人物が顔をさらけ出すというシーンには、そのキャラクターの本心や正体をさらすという意味があります。

    虚無僧の正体は人のよさそうな若者でした。主人公から預かった手紙を娘に読み上げます。演じるのは歌手でありミュージシャンでもある竹原ピストルです。父から娘への手紙は、次第に唄になり、鎮魂歌のようにもなっていく……そんな演出でした。

    虚無僧は、映画そのものを救うような存在だったのです。

    『さや侍』は、その他の松本人志監督映画と同じく駄作と評されることも多いのですが、このシーンと、演じる竹原ピストルだけは、それなりに好評価だったと記憶しています。


    『怪獣使いと少年』にも、かなり早い段階から虚無僧が登場します。敵なのか味方なのか、善人なのか悪人なのか、全く分かりません。

    最後の最後、人間の残酷さに絶望し、ウルトラマンに変身しようとしない主人公に対し、虚無僧が正体を明かします。

    虚無僧は、主人公にとって家族であり、親代わりであるMATの隊長でした。そして、行動を促し、主人公は変身します。

    虚無僧は、地球を救うウルトラマン自身を救うような存在だったのです。


    2時間の映画と30分のテレビ番組という違いはありますが、同じような絶望と、それに続くやさしさを感じてしまいました。




    本メルマガもニコ生の番組内容も、TwitterやFacebookやブログ等で話題にして頂けると、宣伝になるのでとてもありがたいです。常識の範囲内で引用やコピペや文字起こしによる紹介もして頂いて構いません。でも、全文コピペや全文文字起こしは勘弁な!



    Dr.マクガイヤー
    Twitter : https://twitter.com/angusmacgyer
    ブログ : http://d.hatena.ne.jp/macgyer/

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    マクガイヤーチャンネル 第43号 2015/11/30
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    企画編集:Dr.マクガイヤー
         平野建太

    発  行:株式会社タチワニ
    and
    Special Thanks To 読者のあなた
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    Copyright(C) AngusMacgyer. All Rights Reserved. 
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ■お問い合わせ
    有料メルマガの購読、課金、メール未達に関するお問い合わせは、
    『ニコニコヘルプ』のページよりお願いします
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    マクガイヤーチャンネル
    更新頻度: 毎週水曜日
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥330 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。