• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

p_fさん のコメント

userPhoto
p_f
> 時代は変わっても、奴隷の待遇で満足する不思議な国だ。

いつか孫崎さんとの対談で天木氏も「それはもう、マゾヒズムですよ(笑」と言っていたのを思い出します。しかし、日本としては奴隷扱いでも、この国の支配層自身は奴隷の自覚など微塵もないでしょう。
「奴隷国」内では破格の厚遇で、割を食うのは我々末端の一般市民ですから。そんな市民がいよいよ怒ってウン十万規模のデモをやったとしても「大きな音ですなァ」と言われておしまい。とはいえ、このままでいいわけがありません。
No.2
79ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
  TPP 問題をフォローしている人は、誰もが、「安倍首相は TPP 参加に踏み切る」と思っていた。    それは安倍首相が TPP の利点を理解しているからではない。安倍首相の本質は従来の多くの政権に負けない対米従属政権であり、米国に迎合するため、どこかの時点で TPP 参加の方針を打ち出すことが予想された。  それが今次、米国訪問で明確化した。  当初、安倍政権は米国のジャパンハンドラーと呼ばれる軍産複合体の望む安全保障面でのコミットを打ち出すことにより、日米関係の強化を訴えようとした。しかし、集団的自衛権等に対する中国の懸念に配慮し、米国側はブレーキをかけた。  そうすると、日米連携の強化をアピールするには TPP を前面に打ち出すしかない。  まず何が起こったかを見てみよう。  2月24日付日経新聞は次のように報じた。 「政府は環太平洋経済連携協定(TPP)交渉参加に踏み出す。安倍首相は 22 日昼の日米首脳会談で、す
孫崎享のつぶやき
元外務省情報局長で、駐イラン大使などを務めた孫崎享氏。7月に発行された『戦後史の正体』は20万部を超えるベストセラーとなり、ツイッターのフォロワーも5万人を突破しました。テレビや新聞が報じない問題を、日々つぶやいている孫崎氏。本ブロマガでは、ツイッターにさらに情報を加え、最低でも週1回発行します。月額105円。【発行周期】不定期。高い頻度で発行します。