• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

ne.jpさん のコメント

こんにちは。

安倍首相訪米での日米温度差がこの記事でよくわかりました。不思議に思ったのは、外務省はきちんと機能しているのでしょうか。

 先生にひとつ質問があるのですが、昨日のアカデミー賞授賞式で作品賞が『アルゴ』に決まりました。アカデミー賞は、いうなればアメリカ映画界が、今年一番すぐれた映画はこれだ!と発表してお墨付きを与える賞な訳ですが、それを『アルゴ』が受賞したということが気になります。この映画はイランを舞台にして史実に基づいた(?)CIAによる工作の成功話ですが、これがベストムービーだと叫んで一番得をするのは、実行したCIAですよね。逆に一番不快になるのは話しの内容からしてイランでしょう。ここでイランが不快になるということは、イスラエルには利益になるということですよね。

先生は昨日のアカデミー賞の結果を見て何か感じることがありましたでしょうか。
よろしければお聞かせください。

No.5
79ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
    私はこのブログですでに「今一度何故安倍首相が米国で不人気か整理しよう」というものを掲載した。  その時の主要点は次の内容である。 「多くの人は、安倍首相は米国に大歓迎されると思っていた。  少なくとも自民党はそう思っていた。選挙公約では「外交を取り戻す」の標題の下、「日米同盟強化の下、国益を守る主張する外交を展開します」とうたった。 しかし、どうもおかしいのである。  安倍氏が一月訪米を言っても、オバマ大統領は、「はいどうぞ」と言わない。  それだけではない。  安倍首相批判の声が米国等から聞こえてくるのである。  すでにニューヨーク・タイムズ紙等3つの重要な論評が出た。  ニューヨーク・タイムズ紙は 1 月 2 日付の社説で、「日本の歴史を否定する今一つの試み( Another Attempt toDeny Japan ’ s History )と題して o 安倍晋三首相が従軍慰安婦問題でのいわゆる「
孫崎享のつぶやき
元外務省情報局長で、駐イラン大使などを務めた孫崎享氏。7月に発行された『戦後史の正体』は20万部を超えるベストセラーとなり、ツイッターのフォロワーも5万人を突破しました。テレビや新聞が報じない問題を、日々つぶやいている孫崎氏。本ブロマガでは、ツイッターにさらに情報を加え、最低でも週1回発行します。月額105円。【発行周期】不定期。高い頻度で発行します。