• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

妄想の万年中年さん のコメント

国会の答弁を聞いても、これだけアホな人が日本のトップにいるのは日本の恥だとつくづく感じます。いくらミコシは軽いほど良いと言っても、担いでいる人も何故疑問に感じないのかと不思議です。A級戦犯のお爺さんがCIAの金でもって首相になり、その弟・佐藤栄作もその金を利用して首相になった家系ですが、本来戦争責任を負うべき人達が、占領軍に媚って権力を持ち続けいるのは、日本国民自体が戦争責任を問い詰めなかった結果だと思います。”正直者はバカを見る”、”寄らば大樹の陰”が日本の現状です。ちなみに、読売の正力松太郎もA級戦犯で巣鴨に一時拘留されていました。ノーベル賞の湯川秀樹が、原子力発電にトラブルが起こった時を考え、原発は日本の技術で開発すべきと主張したが、座長の正力がアメリカの技術を全面的に取り入れると主張・決定したことが、あの原発事故を引き起こした一因だと考えています。
No.4
3ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
A-1  事実関係1「「桜」夕食会、ホテル「代金は主催者から」 首相とズレ」(朝日) 立憲民主党の辻元清美氏は 17 日午前の衆院予算委員会で、夕食会が開かれたホテルの見解を元に追及。首相は参加者の会費はそのままホテルに渡ったとしているが、見解は「代金は主催者からまとめてお支払い頂く」。辻元氏は食い違いを指摘し、調査を求めた。  、首相は国会で、参加者から 5 千円の会費を首相の事務所の職員が集め、その場でホテル側に渡したと説明。首相側には収入は発生していない、との趣旨だった。収入や支出があれば、政治資金規正法で定める政治資金収支報告書への記載義務が生じる。見解では「代金を参加者個人から会費形式で受け取ることがあるか」との質問に「ない」としている。  首相は、ホテル側が参加者へ宛名のない領収書を発行したと主張。野党が提出を求めるホテル側からの明細書についても、提示はなかったと答弁している。 だが、見
孫崎享のつぶやき
元外務省情報局長で、駐イラン大使などを務めた孫崎享氏。7月に発行された『戦後史の正体』は20万部を超えるベストセラーとなり、ツイッターのフォロワーも5万人を突破しました。テレビや新聞が報じない問題を、日々つぶやいている孫崎氏。本ブロマガでは、ツイッターにさらに情報を加え、最低でも週1回発行します。月額105円。【発行周期】不定期。高い頻度で発行します。