• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

りゃんさん のコメント

くだらない粘着されるのが嫌なので書いときますが、「桜を見る会」については、当日も前夜祭も、そうとう脱法的です。わたしはこの問題が出始まった当初からそういう立場です。しかし、この問題で安倍政権を退陣にまでは持っていけないとも思っています。フレデイ タン さんは法の素養がまったくなく説明しにくいので詳しくしませんが、「主催者に対して、見積書や請求明細書を発行する」という事実があっても、契約は主催者とでなく個々の参加者としていた、という法的構成だって取ろうと思えば取れるのです。あとは水掛け論ですね。

フレデイ タン さんは案外辻元氏の質疑なんか見てないとおもいますが、わたしは(全部ではないけど)わりあいネットで探して見ている方だと思います。辻元氏の特徴は、最後は倫理を持ち出すことです。しかし多くの国民はそこまで厳密な倫理よりも、新型コロナウイルス問題が今後どうなるかに関心があり、国会でもそれをやってほしいと思ってると思います。
No.9
3ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
A-1  事実関係1「「桜」夕食会、ホテル「代金は主催者から」 首相とズレ」(朝日) 立憲民主党の辻元清美氏は 17 日午前の衆院予算委員会で、夕食会が開かれたホテルの見解を元に追及。首相は参加者の会費はそのままホテルに渡ったとしているが、見解は「代金は主催者からまとめてお支払い頂く」。辻元氏は食い違いを指摘し、調査を求めた。  、首相は国会で、参加者から 5 千円の会費を首相の事務所の職員が集め、その場でホテル側に渡したと説明。首相側には収入は発生していない、との趣旨だった。収入や支出があれば、政治資金規正法で定める政治資金収支報告書への記載義務が生じる。見解では「代金を参加者個人から会費形式で受け取ることがあるか」との質問に「ない」としている。  首相は、ホテル側が参加者へ宛名のない領収書を発行したと主張。野党が提出を求めるホテル側からの明細書についても、提示はなかったと答弁している。 だが、見
孫崎享のつぶやき
元外務省情報局長で、駐イラン大使などを務めた孫崎享氏。7月に発行された『戦後史の正体』は20万部を超えるベストセラーとなり、ツイッターのフォロワーも5万人を突破しました。テレビや新聞が報じない問題を、日々つぶやいている孫崎氏。本ブロマガでは、ツイッターにさらに情報を加え、最低でも週1回発行します。月額105円。【発行周期】不定期。高い頻度で発行します。