• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

近代麻雀プレミアリーグ後期第4節B卓レポート
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

近代麻雀プレミアリーグ後期第4節B卓レポート

2015-09-16 19:00
    208307727c38d9911918cab45367592f295f3987
    2015年8月から最強戦CHで配信されている「近代麻雀プレミアリーグ後期」の各節レポート


    後期より月1回で2節を一気に生放送するシステムに変更した近代麻雀プレミアリーグ。今回の出場選手は前期から連続出場となる小林剛・鈴木達也・藤田晋・佐々木寿人、さらに後期より出場の村上淳・滝沢和典・鈴木たろう・和久津晶の8名となった。

    第4節B卓は、起家より達也・小林・滝沢・村上の並びとなる。
    804225e4a8a3437b6dce0dd9622a878cb202aeff

    まず先行したのが滝沢だ。
    d4f9d871de6e9ce5fa6cd5e457e06e15042b7b3e

    414b9b137217a4e4ca381a62d0143b6c797f5b66

    好形に変化したところでリーチ、と予定だったが、その前でのツモアガリ。第1・2節をマイナスで終えた滝沢にとっては最高の出だしとなった。

    続く次局も食い仕掛けてホンイツに向かう滝沢。
    0802a7313bd7782713536d506e4d22b35263c38f
    役牌のpai_s_nan.jpgpai_s_chun.jpgと立て続けにポンしてあっという間にテンパイ。ひとまず単騎のテンパイだが、pai_s_1s.jpgpai_s_4s.jpgpai_s_7s.jpgpai_s_2s.jpgpai_s_5s.jpgpai_s_8s.jpgに変化すれば簡単にアガれそうな感じである。その後、1枚切れのpai_s_pe.jpgに待ち変え。

    だが、滝沢の待ちが3メンチャンに変わる前に小林が追いついた。
    e797bebbdbc46ce809d98f088ee2edc837ab2c47

    99fa82ed55982e7737fa358a2c5da9c7cc03b817

    このリーチに対し、滝沢は全押しで対抗。だが、先にpai_s_3m.jpgを掴んでしまい親満の放銃となり、最初の貯金を全て使い果たしてしまった。滝沢にとって不幸だったのは、自分の待ち取りが比較しようのない字牌の単騎待ちだったこと。pai_s_haku.jpg以外の牌を選んでいればまた別の結果もあったかもしれない。そして、もう1つは達也のテンパイの取り方にもある。

    実は小林のリーチの後、達也にもテンパイが入っていた。
    a4ddb3459d570d75e70544defa09cc7d0e0fae8f

    805539b3e58e1ff0340d36d16e32de98f6170d65

    pai_s_1p.jpgpai_s_2p.jpgはともに小林・滝沢に通っていない牌。ここで達也は、打pai_s_1p.jpgとドラ受けのシャンポンに受けた。もし、打pai_s_2p.jpgと広く構えていればすぐに滝沢のpai_s_6p.jpgを捕まえて2000点となっていた。滝沢にとっても支払いが6分の1で済んでいたのである。



    東2局2本場。2フーロで食いタンに向かった親の小林の手が、リャンメン2つからさらに受けが広くなる形に変化した。
    347e5431e00cd7951a5ca20859ff565953aa9b09

    6baa11450b846b9e001067d26f4a58767e5e07ca

    安全牌のpai_s_haku.jpgが出てきたことで、他家は小林がテンパイ濃厚とみるだろう。

    そして村上がこの手格好で長考。
    7396a36309a9e35186349cf7a30a59729c86e6c3

    bcd12f767a67b72e11bf06b10cf4d5d9ee6914a3

    手なりならもちろんpai_s_9m.jpg切り。だが、村上が考えていたのはこのpai_s_5m.jpgがまだ通るかどうかということ。小林がテンパイの可能性は高いが絶対ではない。今なら切れるかもしれないが、もう一手変わればもう絶対に切れない。村上はここでpai_s_5m.jpg押し。セーフ。私は、こういう1牌が押せるかどうかが、麻雀の強さに関わってくる部分だと思う。もちろん親の仕掛けに用心してオリれば放銃は減る。だが、その分確実にアガリはなくなるのだ。オリれば失点は減らせるが、絶対に増えることはないのである。

    また、この局は達也の構えも目を引いた。
    5522404c280665330895ce25512e5ba14960a0e8

    26e76bcc315f6183f3d35cb10c35b35cb3bf603d

    手格好だけならpai_s_8m.jpg切り。村上がpai_s_5m.jpgを通した後、小林の手は変わっておらず、このpai_s_8m.jpgはほぼ確実に通る牌である。だが、小林の仕掛けだけにまだテンパイが入っているとも限らない。ここで達也は小林の安全牌のpai_s_8s.jpgを切る。仮にpai_s_8m.jpgを捨てていれば小林にテンパイが入り、そうなれば達也ももうベタオリせざるを得なくなるのだ。テンパイが確実なら絶対に通る牌を捨てるのが定石だが、それが微妙な場合はできるだけ鳴かれそうな牌を切らない。これもまた守備の1つといえるだろう。

    さて、この直後小林の手がターツ選択のある形になった。
    2eeb3acd539df36362d4975d80873dcc70107843

    d89b43c29daf552483636483d351ce9f0426dce9

    どのターツも優劣はなさそうに見える状況。ただ、pai_s_3p.jpgpai_s_6p.jpg受けはすでにpai_s_3p.jpgを捨てているため、フリテンになる可能性がある。そこで多くの人はpai_s_5p.jpgをツモ切りするのではないだろうか。だが、ここで小林はpai_s_4s.jpgを捨て、あえてフリテン受けを残す。これはおそらく、上家の達也を意識した一打ではないだろうか。対応型の達也からチーできる牌がそうそう出るとは思えない。だが、現物のpai_s_3p.jpgなら鳴ける可能性は低くない。それを見越した小林の構えなのである。

    結果、この局は村上がpai_s_chun.jpgのポンテンを入れるが、そのタイミングで達也の手もイーシャンテンに進んで打pai_s_8m.jpg。これに小林のチーテンが入る。3フーロとなった小林に対し、村上は無筋を掴んでオリ。そして、小林がpai_s_3p.jpgツモでアガリをものにした。
    6cca5ec435f41e287134066509be2cfa24108f87

    この局に象徴されるように、この半荘は相手の手を読みあった上での対応が随所に見られ、非常に面白い対局となった。



    この後の東3局3本場では、村上が満貫ツモ。
    7b1df85c2eb828ee22ee4c6a669d5dd54779b9a9

    5e15762c498c8ab43f0a0862c3e5a00fa7c97b80

    さらに迎えた親では小林からメンピン一発の5800点を直取り。これで村上がトップ目に立った。



    続く、東4局1本場。最初にテンパイを入れたのが滝沢。
    01eea0d755d70614f3eed256fc03ff5526dbb6d6

    0701ecc7cb1680f8f96327b862916f77b69e8543

    ただ、現状、滝沢の持ち点からここでテンパイを取って即リーチとはいきたくない。ドラのpai_s_7s.jpg引きテンパイとは言わないまでも、せめてドラ受けが残るようにピンズを引いてのテンパイだったら良かったのだが。皆さんならどうするだろうか? ちなみに観戦していたたろうは即リーチ派。また、寿人は滝沢と同じく打pai_s_1m.jpgでテンパイを崩す派だった。

    次巡にドラのpai_s_7s.jpgを引いた滝沢はpai_s_4s.jpgとスライド。だが、それ以降、滝沢になかなかテンパイが復活しない。
    2ac354507ad3e83f9f4a4b667578d1212210eb68
    途中でpai_s_4s.jpgのカブリもあるように、どうにも気持ち悪いイーシャンテンがずっと続いた。そうこうする間に、ドラトイツの小林が仕掛けを入れ、さらに村上の親リーチ(ペンpai_s_7s.jpg待ち)がかかってしまった。

    結局、アガリを取ったのは小林だった。
    f0c63a4f31991e1e432e2f53edf3f955292b6819

    5c15faeaf1f6ac152bdac0300226b73b22d30ccd

    これで小林が再逆転で南入。それ以降は小場の展開となり、この並びのまま半荘を終えた。

    第4節B卓結果
    小林+56.2 村上+13.5 滝沢-22.2 達也-47.5

    対局後、「痛恨の選択ミスが2つあって、それがこの結果につながった」と語る滝沢。
    b699793f461ec6fa6a77547a7daefd8e9a6068f7

    1つは東場のホンイツ仕掛けの単騎選択のことだが、もう1つは南3局、親番での勝負手のところだ。
    a9b93f28cf51a07c38dad27a8b492aee1637dd38
    ドラのpai_s_4s.jpgを暗刻にしてのテンパイ。ペンチャンかシャンポンか選びにくい状況である。

    滝沢「これだけ麻雀をやっているのに、この局面でどっちを選んで良いのか分からないんですよ」
    滝沢は後者を選択。だが、相手からは出ず流局。終盤にはpai_s_3p.jpgを引いていたため悔いの残る一局となった。ある意味、勝負手に恵まれなかったラスの達也より悔しい結果だったといえるだろう。

    終了時のトータルは
    c369e5e850fd8c7a488162f9970f02a7bfe9880a

    となっている。4位の藤田と5位の達也との差が85.5pとかなり開きができてきた。こうなると上位陣がゲーム運びをやりやすくなり、下位陣にとって苦戦が予想される。後半4節でこの並びを崩すことができるのか?

    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    麻雀最強戦ブロマガ
    更新頻度: 未定
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥880 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。