• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

近代麻雀プレミアリーグ後期第6節A卓レポート
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

近代麻雀プレミアリーグ後期第6節A卓レポート

2015-10-12 19:00
    208307727c38d9911918cab45367592f295f3987
    2015年8月から最強戦CHで配信されている「近代麻雀プレミアリーグ後期」の各節レポート


    後期より月1回で2節を一気に生放送するシステムに変更した近代麻雀プレミアリーグ。今回の出場選手は前期から連続出場となる小林剛・鈴木達也・藤田晋・佐々木寿人、さらに後期より出場の村上淳・滝沢和典・鈴木たろう・和久津晶の8名となった。

    第6節A卓は、起家より小林・寿人・たろう・滝沢の並びとなる。
    465d4bde1a2e146d722e826b7f19fa97a777e121

    いよいよ残りは3節。予選終了まで各自半荘3回の対局を戦うことになる。プラス組は大過なく終えたいし、逆にマイナス組は何とかボーダーラインまでポイントを戻したい。この立場の違いが今回は如実に出た半荘となった。

    まず先行したのはたろうである。
    500fda2cd150f8972e11daf671b7bd99acf93414

    東3局1本場。親のたろうがこのアガリを決める。
    de07e66a9e1d969eda17f6a27f024ad02af60487

    リーチ・ツモ・タンヤオ・裏1で親満。この半荘もトップになればボーダーライン目前となるたろう。このリードを生かしさらなる加点を目指していた。

    だが、次の局はこの男がやってきた。
    80e6c08da1b54704f039e818beccacc490396085

    96a771f6538128390c96482c531b3243ac866459

    ドラのpai_s_2m.jpgを暗刻にして高めイーペーコーのテンパイ。リーチをかけてキッチリ高めのほうをツモアガる。親のたろうにハネ満の親っかぶりをさせ、あっさりと逆転に成功した。

    この2人のツモにより、寿人・滝沢が後方に追いやられることになる。続く東4局はその2人がぶつかった。

    最初に仕掛けたのは寿人である。
    48245018c01652ec878404de56e1693df3b15369

    e8ec2dd9252a519cc49611a08d7b29c4327b1909

    pai_s_8s.jpgpai_s_6s.jpgをポンしてしている寿人がpai_s_4s.jpgを暗刻にして満貫テンパイを入れている。その捨て牌にはpai_s_1s.jpgpai_s_3s.jpgとソーズを余らせており、他家からみてもテンパイは間違いないところだ。

    その後、親の滝沢にもテンパイが入る。
    a17b06332f9854ab012b40b304d9d6d79a6b01b7

    cb3261f56d7142a2864dc140595de6066c4b3711

    ホンイツまでは至らなかったものの、pai_s_hatsu.jpg・イーペーコーのテンパイ。寿人が前に出ていることもあり、ここは足止めのリーチをかけたいのは山々。だが、待ちがドラ表示牌で自分がすでに1枚使っているペンpai_s_3m.jpgだ。pai_s_1m.jpgpai_s_2m.jpg引きなら三暗刻、ドラのpai_s_4m.jpgを引けばpai_s_1m.jpgpai_s_7p.jpgのシャンポン待ちへの変化があり、アガリまで考えればそこまでリーチはかけたくない。

    そこで先にロン牌を掴んでしまう滝沢。
    e5154c7f4e6a9a97122a95cff986015ab5fba386

    通常ならpai_s_chun.jpgを止め、pai_s_7p.jpgあたりで回っていくところ。これがリーグ戦の序盤なら間違いなくそうしていたはず。だが、もう半荘3回しかないところ、かつラス目の親とあっては無謀だと分かっても切るしかない。これがポイント下位者の辛いところである。これで寿人が満貫のアガリとなり、滝沢は1人離れたラスに追いやられてしまった。



    南場は上位3人の競り合いとなる。トップ目、小林が親でリーチ・ピンフ・ツモの1300オールを決めた後は、得意の軽いフットワークで順調に局を消化し、1馬身のリードを保ったままオーラスを迎えた。

    6be710376104d1b857f15643983eedbf7f13056c

    そして迎えたオーラス。

    崖っぷちのラス親・滝沢が久々の好配牌から先手を取った。
    8f89a0d32f57454e18f9373d0bd512e293135a97

    6b7bd3fa441dee9cf207c96ec60059b9f337a142

    だが、満ツモトップのたろうが粘ってテンパイを入れる。

    52e573fbd72e9cda81ddb6ddd4d18e4487c8d962

    b72eac69f01d446247c95b7640887404925a48cb

    pai_s_9s.jpg待ちならトップ目・小林からの直撃も拾えそうな状況だった。だが、その狙いごろの牌は直前に寿人に切られ薄くなってしまった。ここでたろうは「滝沢から出たら見逃し」も視野に入れ、pai_s_pe.jpg単騎に受ける。

    その直後、小林の手が詰まってしまうという事件が起こった。
    9398be17b4786fbf79d186aa4849e04f1608ee4d

    小林はpai_s_pe.jpgで2巡凌ぐという決断を下す。これがたろうへのデバサイ(出場所最高)となり、たろうがトップとなって対局が終了した。

    bcc8b2366ceb196c613b3b6d8520c9563b432465

    対局後のインタビューでは「うまく行っちゃいましたね」とたろうは語る。
    264d5bc2016ed80667fa8620120c2c4e0ed356e5

    第6節A卓結果
    たろう+55.6 小林+11.3 寿人-13.3 滝沢-53.6

    この時点でのトータルスコアは以下の通りである。
    038d651c302b0e26ff527cc94e7334e86837bf82

    最後はトップをまくられた小林だが、たろうがボーダーラインまで浮上してきたので、逆に上位陣としては少しやりやすい状況になったかもしれない。B卓がどういう展開になるかも注目である。
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    麻雀最強戦ブロマガ
    更新頻度: 未定
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥880 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。