• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

麻雀最強戦2015ファイナルA卓 レポート
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

麻雀最強戦2015ファイナルA卓 レポート

2015-12-17 19:00
    700cf38dc69961e630df33beaaf1b3166f9735ea
    2015年12月12日に開催された対局を各卓ごとにレポートします。今回はA卓です。


    いよいよ始まった最強戦ファイナル。オープニングマッチとなるA卓は、猿川真寿・石井あや・前田直哉・押川雲太朗の並びで始まった。
    4960d94d442ddc3aa457abaf5a6bdc7b14f1fd80

    まず、東1局。南家の石井にチャンス手がきた。
    af0abcd474bcf7323bbde49a1415407e56dc32e3

    1e33f63cd9b2f058a04f4f17b961894d987024e5

    4巡目にしてドラのpai_s_4m.jpgが暗刻になる。こうなれば食い仕掛けてでもテンパイに近づけたいところだが、石井は直後に猿川から出たpai_s_5s.jpgをスルー。メンゼンで進めリーチをかけることを選択した。

    8巡目には次の形からのターツ選択となる。
    pai_s_2m.jpgpai_s_2m.jpgpai_s_4m.jpgpai_s_4m.jpgpai_s_4m.jpgpai_s_8m.jpgpai_s_9m.jpgpai_s_1p.jpgpai_s_2p.jpgpai_s_3p.jpgpai_s_8p.jpgpai_s_9p.jpgpai_s_4s.jpgpai_s_6s.jpg ドラpai_s_4m.jpg

    形だけでいえばマンズかピンズのペンチャンを払うのがセオリーだが、捨て牌からはピンズの上が安そうに見えること、pai_s_5s.jpgが場に2枚出ていることから打pai_s_6s.jpgとした石井。次巡、pai_s_3s.jpgを引いて今度はマンズのペンチャンを払いにいった。この時点でpai_s_7p.jpgは山に3枚生きており、ソーズが先に埋まればアガリは十分見込めそうだ。

    が、先にテンパイしたのは現・鳳凰位の前田だった。
    4855ce704f45a1187e1a662bea040f4f816f27c5

    19bf63aa8a09418d90be1b70396ceaa563dc770c

    リャンメン待ちとはいえ、場に高いマンズ待ち。しかもドラが見えていない状況だ。普段、一発裏ドラなしのルールで打っている前田なら、打点のある打ち手の反撃を警戒してヤミに構えている可能性もある。だが、一発裏ドラありの半荘1回勝負ということで、ここは打pai_s_3s.jpgのリーチを敢行。
    dd985feef01827766d07631446b9f73be614d486

    これが一発ツモで1000・2000のアガリとなった。前田は続く東2局の親でもリーチツモドラ2の親満を決め、そのリードをさらに広げた。

    前田のアガリ
    pai_s_2m.jpgpai_s_3m.jpgpai_s_4m.jpgpai_s_9m.jpgpai_s_9m.jpgpai_s_3p.jpgpai_s_4p.jpgpai_s_5p.jpgpai_s_1s.jpgpai_s_1s.jpgpai_s_1s.jpgpai_s_2s.jpgpai_s_3s.jpg リーチツモpai_s_1s.jpg ドラpai_s_9m.jpg 裏ドラpai_s_haku.jpg



    続く東3局には、猿川にチャンスが訪れた。
    4bad912c6671265aebddc8fd03f7a4abaea3287e

    c3c8a3b4d58041d32e1f1082694ba53f1be2c4cc

    配牌は決して良いとはいえずドラのpai_s_nan.jpgも孤立。そこで猿川はピンズへ寄せていく。5巡目で上の形となった。前田から5巡目にpai_s_5p.jpg、石井から4巡目にpai_s_3p.jpgが出ていて、その周辺は山に多く残っていることも期待できそうだ。ただ、この段階でのpai_s_hatsu.jpgポンは微妙なところだろう。しかしすぐに前田からpai_s_hatsu.jpgが切られた。これを見送った猿川だが、続く押川からもpai_s_hatsu.jpgが切られた。やむを得ず猿川もpai_s_hatsu.jpgをポンした。

    すると、すぐにpai_s_nan.jpgが重なり、さらにカンpai_s_2p.jpgをツモ。猿川の手が一気にアガリきりたい形に化けた。
    59c9b29b821f9ef832c09f7f195057790109e3c6

    が、その直後押川もテンパイを入れ、リーチをかけてきた。
    aa11c4130af200bfa69781b6d33c5c012846464b

    4af086a1e751353cdfb685e8eab9c4fb156854e1

    ただ、このpai_s_4m.jpgpai_s_7m.jpg待ちは前田がともに暗刻にしていて薄い。そして、その前田にテンパイが入った。
    bfa4ac2cf9b0271a6d6a9ed5b84697a9736cc2a1

    fc9dc0590e1d0dec8f42e51798cec038b9b8fd13

    押川のリーチにpai_s_6s.jpgpai_s_9s.jpgは現物。とはいえ、ヤミだとpai_s_9s.jpgではロンできない。ただpai_s_9s.jpgは場に3枚切れで薄い。さらに捨て牌にあるpai_s_7p.jpgpai_s_8p.jpgもマイナス要因か。これは猿川のホンイツを察した前田がこのターツを嫌ったもので、その直後に裏目のpai_s_6p.jpgをツモり、それが手残りした格好だ。テンパイとはいえこれを勝負するのも味が悪い。


    が、ここで前田はpai_s_6p.jpgを捨ててテンパイに取る。ただし、リーチはかけず。出アガリの利かないpai_s_9s.jpgは薄いため、pai_s_6s.jpgでの「かわし」を意としたのだろう。

    さて、猿川はこのpai_s_6p.jpgをポンしてテンパイを入れる。
    f3da724e796641dbb7845b87b6863c54f07d2246

    あのバラバラの手牌からすれば、山に濃いピンズの下という理想的な待ちとなった。猿川にとっても「いける」という感触だったに違いない。

    この仕掛けの後、ヤミの前田はpai_s_6m.jpgをツモ切って追っかけリーチをかけた。これは押川・猿川の攻撃をかわすというより、それぞれの手を自ら潰しにいく方針に切り替えたということか。

    e0dc9e9259c7f1d145191006ad27d38fa7182a36

    そのロン牌を一発で掴んだ猿川。一瞬、捨てるのを躊躇ったが、そのままツモ切り。前田のリーチ・一発・タンヤオで7700のアガリとなった。

    005595635ed817058f39a914c3e7df9cb0d2c3fa

    これで前田の持ち点は45700点で2着の押川とも24700点差のリードとなる。ただ、最強戦の半荘1回のトップ取り勝負では、この程度のリードでは全然安心できない。前田もさらに畳みかけるだろうし、相手の3人の攻撃もより激しくなる…はずだった。が、このリードがほとんど詰まらないまま、局は流れていく。



    南2局、親の石井は持ち点が14500点。
    0db9caa0930ac6719cb91eeb2023210eca4aa355

    何とか挽回したいところだが、手にしたのがこの配牌である。
    a7192a6e5e0b186a19c73c8eca6c0ed701a80bed

    これでは高い手はおろか、テンパイすら危うい。親の落ちた猿川は簡単に流してはこないだろうが、トップ目前田とラス親のある押川の手をまずは止めなくてはいけない状況だが、親の足止めリーチすらキツい。石井は6巡目にpai_s_hatsu.jpgを重ね、チートイツの2シャンテンとなり、メンゼンと仕掛けを視野に入れた。直後、そのpai_s_hatsu.jpgが出て石井はポン。そしてドラのpai_s_5m.jpgを捨てた。

    47544130b92cf13dfbef79e243e3d76e9913dd97

    もちろん石井としても高い手にしたいのは山々だ。だが、この手格好ではまず子の足を止めるのが先決。ポンしてドラ切りならポンテンを警戒させることもできる。と、同時にpai_s_8m.jpgのつり出しも期待したのだろう。

    たしかにこのドラ切りは効果があった。直後から前田は現物オンリーの切り出し。押川もpai_s_haku.jpgトイツ落としで回っていく。だが、効き目が強すぎて猿川の切りにも制限がかかってしまった。

    c7e733dfca0cea8c9ebe47ef55018f77630d32b0

    猿川の手にはpai_s_1m.jpgが浮いていて、これは石井の必要牌。猿川にとっては、自分で高い手をアガる以外は、石井に連荘してもらって猿川のチャンスを増やしてもらうしかない。つまり石井のノーテン親流れは猿川にとっても都合が悪い。だから、石井に対してテンパイまでのアシストはするつもりなのである。だが、石井の仕掛けにポンテンpai_s_1m.jpgpai_s_4m.jpg待ちの可能性がある以上、自分から切り出すわけにはいかない。切るなら誰かがpai_s_1m.jpgpai_s_4m.jpgを捨てたときに同巡で合わせるだけだ。pai_s_1m.jpgpai_s_7s.jpgはともに石井の無スジだが、猿川はpai_s_1m.jpgをより危険とみてpai_s_7s.jpgから切り出す。この後、猿川は石井に通っていないpai_s_3p.jpgを捨てる。つまり猿川は石井の摸打の速度や雰囲気を察し、石井がテンパっているかどうかは微妙とみているのがよく分かる。

    すると猿川はpai_s_1m.jpgを重ね、pai_s_6p.jpgを落としトイツを振り替えた。実はこれも石井がポンできる牌だ。ポンした石井の手がようやくイーシャンテンにたどり着いた。
    8107c67c3d8d2415d5c4d239866dfda9b9be5210

    ただ、この仕掛けで相手3人は「これでテンパイ」と思ったはず。さらにpai_s_1m.jpgpai_s_4m.jpgはますます切れない牌になってしまった。押川もいったんテンパイを入れたものの、放銃を回避してオリ。早々にオリた前田とともにノーテン罰符を払ってもう1局石井の親を続ける腹を決めた。

    が、結局、石井にテンパイは入らず終盤にテンパイを入れた猿川の1人テンパイで流局。石井にとっては、結果的にpai_s_hatsu.jpgポンの手出しpai_s_5m.jpgが裏目になってしまった。トップ目前田の足を止めたところまでは目論見通りだったのだが。これで石井も猿川とともにほぼ参戦できない。前田にとっては最高の結果となった。



    南3局。親の前田にとっては突き放すか、無難に親を流すかの構えである。ここへ押川の早めの仕掛けが入った。
    28b6b5d3646746da432ef12a5574854c052590a0

    da423bef784bea111d7790f7d759f43988ab0ef4

    3巡目に重ねたpai_s_haku.jpgがすぐに出てポン。ドラ受けもあるが高くなるかどうかは微妙。とりあえず前田の親を流してオーラス勝負に持ち込むつもりだ。

    が、その直後に前田からpai_s_6s.jpgが出て押川の決意が決まった。
    4666d73a420d00e2551ea67615503f4a09252e9e

    このpai_s_6s.jpgをチーしてイーシャンテン取らずの打pai_s_4m.jpgpai_s_haku.jpg・ホンイツ、できればドラをからめて満貫のアガリを目指す。さらにpai_s_2s.jpgポン、pai_s_9s.jpgツモで押川は満貫テンパイを入れた。

    pai_s_7s.jpgpai_s_8s.jpgpai_s_9s.jpgpai_s_hatsu.jpg pai_s_2s.jpgpai_r_2s.jpgpai_s_2s.jpg pai_r_6s.jpgpai_s_7s.jpgpai_s_8s.jpg pai_s_haku.jpgpai_r_haku.jpgpai_s_haku.jpg

    さすがにこれに飛び込む打ち手はいない。押川の一人旅のツモ切り状態が続いたが、超終盤にいたpai_s_hatsu.jpgを掘り当てた。
    23df6793dedd73758f203e6a978846d0a82281e3

    これでオーラス、親の押川は満貫ツモ一発で逆転トップになるポジションまでたどり着いた。

    前田にとっては、押川に鳴かれたpai_s_6s.jpgが痛恨となったか。
    28e8f50513d98a259e9507bba55d5ce0ba9eee0b

    押川に鳴かれたpai_s_6s.jpgを捨てたときの前田の手牌は次の形。
    a8d47e05fe15c70ab3990075cefefc824b2f8552

    カンpai_s_5s.jpg受けからリャンメンに切り替えたところでの打pai_s_6s.jpgで、アガリにかけた…というわけではないだろう。むしろpai_s_haku.jpgポンの前に捨てたpai_s_6s.jpg(捨て牌の左から3枚目)には押川から声がかからなかったから、というのが実情だったのだろう。ただ、実際に仕掛けられ、満貫をツモられてしまったという結果に対し、多少なりともpai_s_6s.jpg切りを悔やむ気持ちはあったに違いない。



    このまま一気に逆転か、という押川のラス親だったが、厳しい配牌。仕方なく押川はカンpai_s_8p.jpgチーから仕掛けた。
    12625088ba39beeea5c66d0b3897a1a1a402a9a4

    d046dcd4f28146065914bf8d102dd644814d2003

    当然、上家の前田は手役を推理して対応し、押川の手にチャンタや三色に絡まないpai_s_4m.jpgpai_s_5m.jpgを捨てていく。早々に形式テンパイで妥協したくなかった押川はこれを見送ったが、我慢しすぎるとテンパイすら危うくなる。さらに前田から出たpai_s_2m.jpgに対し、ついに押川は意を決してpai_r_2m.jpgpai_s_3m.jpgpai_s_4m.jpgでチーした。


    が、これにより前田から見て、役の可能性がかなり絞られ、と同時に前田自身の手にドラが暗刻になった。そしてテンパイを入れた前田は「この局で逆転されることはない」と踏んでリーチ。
    9764b334fb97c4e26e23ff0319b548e934dfc7d7

    行くしかない押川がpai_s_4p.jpgを掴んで放銃。
    a151cd2814c6f9b0a950b8a7d0f535580081d3ce

    これで前田の決勝卓勝ち上がりが決まった。勝者コメントで前田はラス前のpai_s_6s.jpg切りについて触れるのかと思ったが、実際には別の局に悔やむ一打があったようだ。
    935eb77aca8e37ecf04ddc7880a4562790f95c90

    前田「自分の連荘中、猿川君のリーチに石井さんが押し返した局、あそこで先に降りてしまったところが反省点ですね」

    前田が触れたのはこの箇所である。
    e5e7c2cca5dfdfd9bdfe5a857af7a39d410fcdcd

    猿川のリーチにはpai_s_8p.jpgは現物だが、押川・石井が無スジを押し返している。現物待ちの可能性を考えた前田はここでpai_s_8p.jpgを打たず、石井が捨てたばかりのpai_s_6p.jpgに合わせてオリた。だが、ここでpai_s_8p.jpgを押していればアガリがあった。

    前田「もし敗れていれば、これが敗因になるだろうなと思っていました。反省しながら、次からの対局を観戦したいと思います」
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    麻雀最強戦ブロマガ
    更新頻度: 未定
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥880 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。