• このエントリーをはてなブックマークに追加
こばっきーのおすすめのビジネス本とか
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

こばっきーのおすすめのビジネス本とか

2019-10-10 11:50
  • 1
75723924158c027e5f9a42e35efc9ac1775a15fb

今回は、僕自身が社会人として歩んできた中で、失敗も含めて様々な経験をして、その時々でどのような知識や本を参考にさせてもらったかという話を紹介させてもらいます。
主に、これから社会人になられる方や、これからキャリアを重ねていく方に読んでいただきたい内容になります。

ビジネスに関することだけではなく、メンタル強化や体のための健康なども含め様々な知識や自分自身を高めるための心理テクニックなど、僕自身は今でこそ縁があって科学的根拠もあるより効率的な方法を理解し、それを日々の生活の中でも活かすよう努めていますが、正直それまではかなりの遠回りもしてきました。
エビデンスもない方法ばかりを試しては、汗も涙も人一倍出していたと思います。
そんな僕自身が今まで遠回りや非効率なことをしてきた経験も踏まえて紹介させていただき、これから社会に出たりビジネスにおいて活躍されるであろう皆さんに何かしら役立てていただけたらと思います。


僕自身は、幼い頃にいじめられたこともありとても内向的な性格でした。自分に対する自信もありませんでしたし、父親もいなかったので、大人の男性に接する機会がそもそもほとんどなく、学生時代だけでなく社会人になってからも、大人の男性にどのように接すればいいのかさえも分かりませんでした。
要するに、社会人だというのに、かなりの引っ込み思案で極度のコミュ障だったということです。

そんな僕ですが、 大学を卒業し就職を考える際には、 そもそも大学受験に失敗して自分がやりたい分野の勉強をしていたわけでもないので、なんとなく成り行きでたまたま縁のあった企業に営業マンとして入社しました。
当然ながら、引っ込み思案で極度のコミュ障の僕が営業に向いているわけもなく、入社してからはかなりの苦労がありました。

ところが、入社早々、自分に自信もないくせになんとか形から入ろうと、何を考えたのか、やたらと派手なシャツを着て先輩に怒られたり、僕は役に立たない上に毎日怒られてばかりでした。今思うとかなり変なやつだったと思います 笑。

その頃の僕は、サンプル数1の経験談ばかりでしたが、それまでに読んだ様々なビジネス本から、自分がかっこいいと思う営業マンや理想とするビジネスマンを悩むたびに思い浮かべ、時には行動や言動、時には服装を必死に真似ては、実力もないくせに一生懸命自分を飾っていました。

今思うと・・・「受験に失敗した君よ、聞け。」でDaiGoさんが言っていた言葉ですが、

“大きく環境や自分を取り巻くものが変わらない限りは、基本的に人間は変わる必要がないから変わることはない”

「受験に失敗した君よ、聞け。」
ブログはこちら▶︎https://daigoblog.jp/makeuse-setbacks/

この通りだと思います。
当時の僕にはそんな考えを持つことなんてとてもできませんでしたが、本来の自分が全く適合することができていない状況の中、なんとか自分がなりたい自分になろうと踠いていたのだと思います。

一生懸命変わろうとはしていたのだとは思います。
そんな必要な知識を持ってはいませんでしたが、結果としてそんな経験も踏まえ、今では確かに自分を変えるためには周りの環境を変える必要があるということも実感できるようになりました。
遠回りして無駄に苦労したとしても、そんな経験もあとから知識をそこに加えることで、自信にもつながるのだと思いました。
もちろん非効率な無駄な苦労はしないに越したことはありませんが、苦労した経験があったとしても、科学的根拠のある知識を踏まえた視点を持ち、自分の経験に意味を見出すことができれば自分自身とって価値がある過去になるのだと考えることができるようになったわけです。


営業マンですから、お客さんを自分で捕まえて商品を売り込まないことには何も始まりませんし、売って成果を出さない限りは自分の給料にもつながりません。
とはいえ、そんな仕事に自分が向いていないのももちろん分かっていたので、毎日悩んでは、頭の中に自分がかっこいいと思う理想の営業マンがいて、その営業マンならどうするのだろうかということをいつも考えては判断や行動をしていました。
毎日毎日想像の中の理想の自分を演じては、なんとか給料を得ようとその手段を真似していました。

もちろんこれも、何の科学的根拠もなくただただひたすら答えがわからないままもがいていただけですから、実際に結果がついてくるまでにはかなりの年数がかかりました。
こんな事についても、今思うとあの時もっと科学的な知識を理解していれば、少なくとも毎日結果を出さないまま会社に帰るのが怖くて悩むようなこともなかったと思います。

「内向的な人が「そのまま無理せず」幸せになるほぼ唯一の戦略」で、DaiGoさんは言われていました。

“内向的な人が外交的になるためには2つの戦略がある。”

・内向的な人の意外な魅力や能力を知ること(自分の本当の能力を知る)
・外交的な人が手に入れる成果と同じものを技術で手に入れる

この頃の僕は、“内向的な人の性格とメリットを持ったまま、技術により外交的な人が手に入れる結果を補えばいい”ということも知らないので、内向的な性格のメリットなど考えもせず、ただ「売りたい!給料を増やしたい!」と考え、見よう見まねで外交的な人の手に入る結果を補おうとしていました。外交的な人と同じ行動と結果だけを手に入れようとしていたわけです。

「内向的な人が「そのまま無理せず」幸せになるほぼ唯一の戦略」
ブログはこちら▶︎https://daigoblog.jp/introverted-talent/

その後、当時の上司と大喧嘩をして、自分で自分が販売するものを作りたいと思い、次の転職をするまでの約10年以上営業マンとして演じ続けて、気がついたらその業界では自分に自信を持つことができるぐらいの成果を出すことができるようになっていました。
結果的に、性格は変えられないけれど、大概の役回りは本気で演じ続ければ結果は何とかなると思えるようになりっていました。

そして、次の転職先はいわゆる情報サービス業で、自分で今世の中に必要だと思うサービスを創造力を働かせてつくり、それに必要な知識や技術、インフラや人脈はいくらでも作れば良いと考え、その会社でも約10年働いてきました。
その頃の経験として、様々な土地に行き色々な業界の人脈も得ることができて、大概のことはなんとかできるというビジネスマンとしての自信も持つことができました。

その頃にDaiGoさんのニコニコのチャンネルを見るようになりました。当時のチャンネルはニコニコのTOP30に入ったばかりの頃だったかと思います。
当時好きだった放送はビジネス関連のものが多かったと思いますが、ビジネスだけでなく、なんでもっと早くこのような知識に出会うことができなかったのだろうと強く感じたことを覚えています。
そうすればあんなに苦しむことはなかっただろうし、もっと楽に同じ結果を得ることができたはずだと思っていました。

今までのビジネス関連の放送の中でも特に僕が好きなのは、比較的最近の放送ですが、『ルーキー・スマート』関連の放送でした。
覚えているのは、
  • 5年で使える知識の85%程度が陳腐化する
  • ベテランは現状維持の管理人で地位に固執する
  • 新たな可能性に気づくために「べき志向」を捨てて可能性を探す
  • 自分の能力を超えた仕事に挑戦する

以前の会社とは全く違う分野の業界に挑戦したこともあり、とにかく未知の世界なので全てに対してNOと言わず挑戦してみようと考えていました。

「慎重に素早く行動できるファイアウォーカー思考を身に着けるには」
「べテランの経験とルーキーの情熱を併せ持つオールドルーキーになるには」

実際に、その会社では様々なことに挑戦させてもらい、それなりに責任も権限もある立場になりましたが、結果としては、 ちょうどこの『ルーキー・スマート』の本を読んだ頃から、世の中の動きがあまりにも早くなり、組織として自分の会社がその流れについていくことができていない現状と、その現状を変えるだけの権限を持ち得ていないことに対してフラストレーションを抱え、組織相手に戦った結果、独立することになりました。
当然、そんな選択をするまでは、DaiGoさんの放送や著書、おすすめされていた様々な本も参考にしながら、他者への影響力や組織を動かすための方法を色々と考えて、その組織を中から変えて世の中に必要とされる企業にしたい、できないなら、なぜそれができないのかを考えて、人も組織も動かしてみせると意気込んでいましたが、最終的には自分自身で選択して独立することにしたわけですが。

その頃にビジネスために読んだ本としては、DaiGoさんのおすすめ本以外も含まれているかもしれませんが・・・

サーチ・インサイド・ユアセルフ――仕事と人生を飛躍させるグーグルのマインドフルネス実践法
チャディー・メン・タン ダニエル・ゴールマン(序文)
英治出版 (2016-05-17)
売り上げランキング: 1,885
「革命家」の仕事術
「革命家」の仕事術
posted with amazlet at 19.10.05
ガイ・カワサキ Guy Kawasaki
海と月社
売り上げランキング: 539,092
TED TALKS スーパープレゼンを学ぶTED公式ガイド
クリス・アンダーソン
日経BP
売り上げランキング: 57,838
ORIGINALS
悪いヤツほど出世する (日経ビジネス人文庫)
ジェフリー・フェファー
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 5,680

人を動かす 新装版
人を動かす 新装版
posted with amazlet at 19.10.05
デール カーネギー Dale Carnegie 山口 博
創元社
売り上げランキング: 831

僕自身は、社会人として今まで歩んできた道も間違っていたとは思いませんし、選んできた選択に後悔もありません。
良いことも悪いことも、その全てがあったからこそ今の自分があると思うことができています。
決して今の自分に満足しているわけでもありませんし、足りないことばかりでもっと学んでいかないといけないことばかりです。これからもまだまだ新しいことに挑戦していきたいとも思っています。

そういった意味では、社会人として歩んできた道に対しては後悔はありませんが、やはり全てにおいてもっと近道はあったのだろうとは思っています。
誰でも、人それぞれいろんな人生があるわけですが、乗り越えるべき障害や解決するべき問題がない人なんていないはずです。
そんな人生での障害や問題を乗り越える手段や方法というものは、それも人それぞれではあっても、科学を突き詰めて研究された先駆者たちが多くの統計データを出してくれているわけですから、それを利用すれば、当然目指すゴールに対しては近道を見つけることができる可能性は高くなります。
今だからこそ、僕は遠回りをしてきたんだろうということを実感しています。それ自体は受け入れていますし、だからこそ、これから先の人生を今までよりうまく切り開いていきたいとも考えています。

これから社会に出る人、これからキャリアを積んでいく人、そんな方々には、本当に多数の役立つ知識が溢れるほど紹介されてきましたので、目標に対して順調な時も、悩んだ時もくじけそうな時も、今の自分にはどの知識が役に立つんだろうかということを考えてみていただきたいと思います。

そして、知識によって自分自身がなすべきことをできたとか、目標としていた自分になれた、とても乗り越えることができないと思っていた大きな壁を突破することができた、そんな時は、是非その経験を教えてください。
他の弟子の皆さんにもそれを紹介させてもらい、経験談として知識の実践方法を理解するために役立てていただきたいと思っています。
最近、Twitterの方にもたくさんのメッセージも頂きますが、皆さんの生の経験談や成長にまつわる話は、僕にとってもとても励みにも参考にもなっています
些細な実戦でも結構ですので、いつでも教えてください。
合わせて、弟子の皆さんとの間で、そんな実践にまつわる情報の共有がもっと気軽にできるプラットフォームが欲しいとも思っていますので、そのあたりに関して意見などある方も是非教えてください。
ではでは、引き続きよろしくお願いします〜(=^ェ^=)

(ちなみに、TOP画の四葉のクローバーは会社を変えようと戦っていた頃に、当時の部下がくれたものです。今回振り返っていたら、本の間から出てきました〜(o^^o) )

ご意見ご感想など▶︎ブロマガ担当こばやしまでhttps://twitter.com/mentalblog5884


次回配信予定
  • 2020/04/10
    忙しい人のための科学的「超時短勉強法」
チャンネル会員ならもっと楽しめる!
  • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
  • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
    • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
    • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
ブログイメージ
メンタリストDaiGoの3分で読めるメンタルブログ
更新頻度: 月4~17回の更新
最終更新日:
チャンネル月額: ¥550 (税込)

チャンネルに入会して購読

×
こばっきーさんてどなたですか?
DaiGo師匠とコラボしてる動画ありましたっけ^^;
5ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。