• このエントリーをはてなブックマークに追加
(後編)科学的に証明されている効率のいい勉強法10選
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

(後編)科学的に証明されている効率のいい勉強法10選

2020-08-27 17:07
    3120a6c0965535341cf92a8440ef4ad4cdd4debd

    「(前編)科学的に証明されている効率のいい勉強法10選」の続きの内容になります。

    前編の概要としては・・・

    1. 思い出す(想起する)
    2.常に細かく テスト
    3. チャンク化
    4. 反復練習(間隔練習)
    5. 複数のメソッド(解法)を使う

    勉強法といっても、例えば、受験勉強・本の内容を記憶に定着しやすくする・社会人のスキルアップのための勉強・・・色々違いもあると思いますが、今回の勉強法10選は、ほぼ全てのニーズに応えるものです。
    効率よく記憶を定着させ、使える知識を身につけるためのものです。多くの方々に使っていただけるテクニックになります。

    後編では、より実践的に、最適な勉強時間、問題を解く順番、モチベーションを上げる方法などを紹介します。

    6. 比喩と明確な解説


    10歳の子供が理解できる明確な解説を考える。

    何も考えず難しい概念に向き合うと・・・
    • 難解な概念を完璧に理解しようとすると難しいもの
    • 理解できない時:複雑なところに目が行き過ぎる時、考えすぎる時
    • 一瞬理解できてもすぐに忘れてしまうこともある

    難しい概念は、10歳の子供に自分が実際に話しかけるつもりで簡単な解説を考える

    ※人間の脳は、解りやすい事・思い出しやすい事を優先して記憶に残す傾向がある→難しい概念は簡単な表現に変換し、それを記憶する

    (実践)
    ×難解な概念を理解する→(理解してそのままスルーしてしまう人が多い)→必死に頭を使って理解したのに記憶に残らない
    難解な概念を理解する→「もしこれを子供に説明するとしたら・・・」→解りやすくシンプルに整理でき、他人に説明できる知識に変換される→記憶に定着しやすくなる

    解りやすい説明は、相手のためではなく自分の記憶の定着のため。
    解りやすい例え話は、記憶力だけでなく、説得力も上がり新しい知識も手に入る。

    ここから先の、より実践的な内容を知りたい方は続きをどうぞ

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。