• このエントリーをはてなブックマークに追加
一問一答「あなたは、お金を増やすために何が必要だと思いますか?」【投資家が陥る15のバイアス対策】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

一問一答「あなたは、お金を増やすために何が必要だと思いますか?」【投資家が陥る15のバイアス対策】

2022-11-29 12:00

    あなたは、お金を増やすために何が必要だと思いますか?


    今回は初心者で投資を始める際のアドバイスについての質問をもとに、多くの投資家が陥るバイアスとその対策について解説させてもらいます。


    Q.初心者で投資を始める際のアドバイスはありますか?


    まず、投資だけである程度のお金持ちになろうとするのは、宝くじに当たるような、かなりリスキーな事をしなくてはならなくなってしまいます。

    投資というものは、何かのビジネスで稼いで元手を確保した上で、投資に挑戦するということでなければ、定年まで働くことを前提として、定年した後に、それ以降の生活を少しだけ豊かにするための老後の資金を貯めるぐらいしかできません。


    そういう意味では、安定型の投資で手数料が低いところを考えるのが良いのではないでしょうか。

    どこでやってもあまり変わらないので、手数料で考えれば良いと思います。


    例えば 、ウォーレン・バフェットや有名な投資家たちも分散投資が大事だと言われています。

    ですが、彼らの場合には、何百もの企業に分散投資していて、そのうちのほんのわずかな企業が大当たりして金持ちになっています。


    投資ではコツコツと続けることが大事だと言われますが、それは大きく稼ごうと思わない場合だけです。

    投資では元手の大きさかリスクの取り方、あるいは、時間のどれかを武器にするしか勝つ方法はありません。


    一般的には時間をかけるのが一番いいと思います。

    少しでも早めに始めて、真面目に仕事をしながら、生活を切り詰めて余剰資金を安定型の投資に地道に回していく方法です。

    それが何十年もかけて大きな資金になっていたということは十分にありえます。


    以上がDaiGo師匠からのアドバイスでした。




    「自分の頭で考える」


    コロナ以降、投資を始めた人も多いと思います。

    株式投資だけでなく様々な投資がありますが、ウォーレン・バフェットも言われているように、投資では自分の頭で考えることが一番重要です。

    みんながやっていることや流行っていることをしても、必ずいつか失敗します。


    仮に一度成功しても、それがなぜ成功したのか、自分のどのような思考が良かったのか理解できなければ意味はありません。

    失敗した時も、何をどのように間違えたのか、振り返ることができなければ人は成長していきません。


    「自分の頭で考える」ということが投資だけでなく人生では大事です。

    もちろん、投資の基礎やベースになる考え方を学ぶことは重要です。


    こちらはそのウォーレン・バフェットさんが大絶賛したハワード・マークスさんの本です。

    考え方について学ぶのであればこちらが参考になると思います。


    I9Si_uEjsPGOAUSvFlmJptAmUvcuVUJErqFkUedF

    投資で一番大切な20の教え 賢い投資家になるための隠れた常識


    こちらもハワード・マークスさんの本です。

    どちらも絶対に正しいとまで言うつもりはありませんが、投資をするのであればかなり参考になると思います。

    4zES2cjoVCTb_dlh5DPcGJq_mkMav-U2sneJssg8

    市場サイクルを極める 勝率を高める王道の投資哲学 (日本経済新聞出版)


    バイアス対策については、こちらの本も参考にしてみてください。

    M-zFLjZcOEfQEh2xibYuM72KiTcnCim7DFiztqaF

    無理なく限界を突破するための心理学 突破力




    投資家が陥りやすいバイアス


    投資をする時だけでなく、人生では様々な判断をします。

    就職や転職では「どこの企業で働くか?」という判断をしますが、これも自分の時間と労力の投資です。

    なぜこのような判断でミスが生まれるのでしょうか?


    自分の無知からのミスは学べばいいですが、経験や知識がある人でもミスをすることがあります。

    これはバイアスに陥るからです。

    バイアスに陥ると投資でも人生でも判断ミスをします。


    このバイアスに対策するためには、バイアスを知ることが重要です。

    バイアスについて30分の講義を受けるだけでも、その後長期間にわたってバイアスの影響を受けづらくなるという調査もあります。


    少なくとも半年に1回ぐらいはバイアスについて学んでいただき、自分も含めて、人は誰でもバイアスに陥ることがあり、間違った判断ミスをしやすくなるということを思い返すようにしてください。


    2009年にテネシー州立大学などが行動経済学などの知見をベースにして、投資判断を誤らせてしまう認知バイアスについてまとめてくれています。

    今回は、その研究をベースに、人が投資をする際に陥りやすいバイアスについて紹介させてもらいますので、重要な判断をする際には、これらのバイアスに陥っているのではないかと考えて、その際のチェックリストとして使ってください。


    1. 現状維持バイアス

    多くの投資家は、先行きが不透明な状況になるほど、現状維持の選択をしがちになります。

    投資の意思決定はどんどん先送りになってしまい、リターンに悪影響が出ます。


    市場が弱気な時は大胆に、市場が強気な時には慎重に、よく言われることですが投資の基本です。

    言うのは簡単ですが、現状維持バイアスによってそれが難しくなります。


    このバイアスの影響をゼロにするのは難しいですが、オートパイロット(自動売買)を使うことが推奨されています。

    あるいは、一定の期間ごとに必ずレビューして、自分のポートフォリオがしっかり機能しているかチェックするとか、一定の期間ごとに必ず投資することにして、自分の意思や状況に振り回されることなく投資できる仕組みづくりが重要です。


    2. アンカリング

    特定の数字が頭に残って意思決定に影響を与えるバイアスです。


    特に、自分にとって意味のある数字やキリのいい数字に人は目が向きやすくなります。

    直前に見た数字や、良くも悪くも自分にとって意味のある数字に影響を受けていないか、これも常に意識した方がいいです。


    人は自分にとって目立つ情報に引っ張られてしまいます。

    それに気づいたら、逆に、自分があまり見ていない情報を見に行くようにしてください。


    人は広く物事を見ていません。

    目立つ情報だけをピックアップしています。


    3. 視野狭窄

    特定の投資先の値動きばかりに目がいってしまうバイアスです。

    自分がしている投資や、特定の業種や特定の企業にばかり目がいってしまいます。


    そして、それが失敗したら過剰に反応してしまいます。

    それによって短期的なリターンばかりに目がいき、失敗しやすくなります。


    自分が投資している銘柄だけでなく、不動産投資であれば、特定の地域ばかりに目がいってしまうということもあります。

    自分が注目しているところに人は過剰反応するので、短期的な取引が増えてしまい、結果的に損してしまう可能性が大きくなります


    この悪影響を防ぐには、あらかじめ長期的な対策を立てておく必要があります。

    例えば、特定の投資が失敗した時にはポートフォリオ全体をチェックすると決めておいたり、うまくいった場合と失敗した場合で場合分けしておいてください。

    長期的なルールを決めておかないと、慌てて短期的な行動に出てしまいます。


    4. 確証性バイアス

    自分が決定を下した投資に対して、後から他の情報が出てきても無視してしまうバイアスです。


    人は一度決めたポジションを保とうとする性質があります。

    その後に価値がある情報や意味がある情報が出てきても、意思決定し直すことが難しくなります。


    自分が将来性があると判断した企業に投資したら、その後に違う情報が出てきて株価が下がってきても、自分の投資の有益性を再チェックしません。

    自分がした投資判断を維持する方向に意識が向きます。


    人は常に「自分がした決定が正しい」と思える方向に進もうとします

    これは他人に対する第一印象でも同じことが起きます。

    いい人だと思えばいいところばかりが見えて、悪い人だと思えば悪いところが見えるものです。


    5. 自信過剰バイアス

    投資家に限らず、あらゆる人が自信過剰バイアスの影響を受けています。


    お金がある人もない人も、自分には将来の株価の動向や投資の動向を正確に予測する能力があると過大評価する傾向があります。

    本来の自分の能力よりも過大に評価しているということです。


    成果が出たら自分の能力によるものと考え、失敗したら運が悪かったと、原因を深掘りすることができません。

    そうなると、ただ運が良かっただけなのに自分には能力があると思い、次の判断で十分に考えることができなくなります。

    失敗は運が悪かっただけだと考え、そこから反省したり学ぶこともできません。


    この自信過剰バイアスが行き過ぎると、ポートフォリオを組むことなく、特定の投資に全財産を突っ込んだりしてしまいます。


    さらに、取引の回数が無意味に増えてしまい、リターンがマイナスになりやすくなるというデメリットもあります。


    6. 損失回避

    多くの投資家はリスクやリターンよりも損失に過剰に反応を見せます


    人は可能性よりも損をしないことに目を向ける性質があります。

    それによって損失が生じても手放さない判断をしたり、すぐに売却して利益を確定させようとしがちです。

    自分が損失に対して過剰に反応しようとしているのではないかと考えてみてください。


    損失は事前に回避しなければ意味はありません。

    損失を出した後で慌てて判断しても、良い結果にはなりません。


    人間は、得をしたいという気持ちよりも、損をしたくないという気持ちの方が大きいものです。

    それによりチャンスを逃して実際には損をしているということも起きます。

    さらに、後悔回避といい、人間は無意識に後悔しない選択をしようとして、逆にチャンスを逃してしまうという考え方もあります。

    授かり効果というのもあり、買った物を実際より高く見積もろうとしてしまい、物が捨てられなくなったり、自分の持っているものの方が良いと考えてしまいチャンスを逃すこともあります。



    7. 経験則バイアス

    投資において確かに経験則は大切ですが、多くの投資家は、自分の中の経験則を単純化しがちです。

    いろいろな知識や経験があるのに、それを単純化してしまいます。


    例えば、ポートフォリオを組む際に、個々の投資のリスクや関係性を考慮することなく、同じ金額で全てに投資したりします。

    複雑性を考えることなく、楽をしたい欲求が出てしまい、物事を単純化して考えようとするわけです。

    関連企業に投資してしまい、実際にはポートフォリオになっていないということもあります。


    自分の経験則を単純化しすぎてしまうと、せっかくの経験を活かすことができなくなります。

    これが豊富な経験を積んでいるのに失敗してしまう原因です。


    8. メンタルアカウント(心理会計)

    多くの投資家は、自分の資金を無意識のうちに目的別に区別しています

    例えば、「このお金はリスク資産への投資用」「このお金は資産の保全用」などと考えて投資を行っています。


    確かに目的別に考えることも大切ですが、これが行き過ぎると資産全体に目がいきづらくなります。

    これも誤った投資判断につながる原因 です。


    当然ですが、将来のためにリスクを取るべきタイミングもあれば、市場がそれほど動いていないので、リスクを取っても意味がないタイミングもあります。

    そんな時に、目的別に自分のお金を考えていると、リスクを取るべき時に中途半端なリスクしか取れませんし、安全に行くべき時に十分な安全が確保できなかったりということが起きます。


    投資だけでなく、人間は心理的な財布が分かれています

    例えば、お酒であれば、おしゃれなお店に行った時には、自宅で飲むときの3倍ぐらいするようなお酒も飲んでしまう人も多いかと思います。自宅で飲む時は普段の飲食の会計から出ていて、お店で飲むときには外食費でちょっと贅沢も許してしまうわけです。

    心理会計の違いにより、同じものなのに高い出費を自分に許してしまうようになります。

    同様に、旅行に行った時もレジャー費と考えて、ついつい余計な出費をしてしまうと思います。


    区別しすぎていないか、組み合わせることによってリターンが大きくなる可能性はないか、定期的に検討するようにしてください。


    ここから先は、さらに多くの人が陥りがちなバイアスについて解説していきます。

    続きもチェックしてみてください。


     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。